【IMAXとは】IMAXやIMAXレーザー、色々なIMAXの解説と違い!

IMAXの違い


\最新作公開に併せて過去作をおさらい!/

過去13作品が無料で見放題!


多くの映画館でIMAXでの上映がされるようになり、知名度を得ているIMAX。

そんな中

『……違いがわからない。そもそもIMAXってなに?』


なんて思ったことありませんか?

そこで、今回はIMAXでの上映方式の違いと感想について書いていきたいと思います!

この記事でわかること
・IMAXデジタルとは?
・IMAXレーザーとは?
・IMAXレーザー/GTテクノロジーとは?
・IMAXフィルムシアターとは?
・IMAX ENHANCEDとは?
・IMAXプライベートシアターとは?
この記事を読めばIMAXのことを理解でき、今後の上映方式選びの際の助けになると思います!


スポンサーリンク


IMAXについて。体験した感想。

『IMAX』(アイマックス、英: IMAX)は、 カナダのIMAX社(英語版)が開発した動画フィルムの規格及びその映写システムである。
通常の映画で使用されるフィルムよりも大きなサイズの映像を記録・上映出来る。
IMAXフォーマットで撮影され上映される作品もあるが、通常の映画作品をアップコンバートし、IMAX用の映画館(IMAXシアター)で上映することもある

https://ja.wikipedia.org/wiki/IMAX#%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AEIMAX%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC

一言でIMAXと言ってもIMAXやIMAXレーザーなど種類があるのですが、基本的な普通の上映との違いは

IMAXの特徴
・画角が広い!
・2台のプロジェクター上映で明るい!
・スクリーンが大きい!
・迫力のIMAXサウンド!
・追加料金は500~700円!※3Dの場合更に400円
上記の5点がIMAXの特徴として挙げられると思います!

それでは、それぞれの特徴について詳しく記述していきます!

 画角が広い!


通常の映画館のアスペクト比(縦と横の大きさの比率のこと)ですが、これが『2.4:1』という比率でスクリーンに映し出されます。

馴染みのある長方形の映し出され方ですね。

しかしIMAXデジタルスクリーンだとより正方形に近い『1.9:1』というアスペクト比で見ることができます。

通常の映画館では上下の部分が切り取られてしまっていたのが、IMAXでは『1.9:1』のアスペクト比、26%広い画面で作品が鑑賞できます。


画質は2Kで映し出されるので、いまのスタンダードが4Kの映像になりつつある現代では少し物足りない印象です。

注意点としては1.9:1の比率で見れるという触れ込みの作品でも全編がその画角で見れるわけではありません。

現在話題となっている「トップガン」は2時間11分の上映時間ですが、1.9 :1の画角で見られるのは1時間ほどになっています。

と言うのも1.9 :1の比率で上映するためにはIMAXカメラでの撮影が必要なのですが、このIMAXカメラの取り扱いがなかなか大変な所があるそうで、基本的には「ここぞ!」というシーンでは画角が広がる作品がほとんどになっています。

注意点として、IMAX上映でも全編画角が2.4:1のままの作品も結構あります。

これは撮影の時点でIMAX用の撮影をしていない作品をIMAX上映用に仕上げているだけになるので、その際は「画角が広い」という利点はなくなってしまいます。

僕個人の意見ですが、「画角が広い」という利点がない作品の場合はドルビーシネマという上映で見る事を強くお勧めします。スクリーンの大きさ以外は上位互換の上映方式だと思っています。

最近の作品の中で全編がIMAXカメラで撮影された作品は「アベンジャーズ:エンドゲーム」

その理由等が語られている記事もあるので興味のある人は読んでみて下さい!

参考:なぜ『アベンジャーズ/エンドゲーム』はIMAXカメラで撮影されたのか? 監督が語る

 2台のプロジェクターで上映!

https://www.unitedcinemas.jp/imax/imax.html


IMAX上映は2台のプロジェクターを使用するので、従来の上映システムと比べて明るさが1.6倍明るいとされています。

この明るさによって、他の上映方式と比べると白がより明るい白に見えると個人的には感じています。

またその明るさは3D上映の時にも力を発揮し、グラスを通すことで暗くなりがちな映像がより明るく鮮明な3D映像で楽しむことが出来ます!

 スクリーンが大きい!


スクリーンも通常のシアターより大きいです!床から天井、左右の壁いっぱいにひろがるほどの大きさ。

またスクリーンの形状が湾曲しています

湾曲することで、どの位置からでも同じクオリティの映像を楽しめるようにシアター設計がされているプレミアムな上映方式です!

また先ほど「画角」のお話をしましたが、IMAXのスクリーンはより正方形に近い映像を映すため通常のスクリーンよりも縦長のスクリーンになります。

上の写真はIMAXのスクリーンとSAION上映のスクリーンを比べたものになります。

横の長さは同じくらいですが、IMAXの方が縦に長いのがわかると思います。このスクリーンの縦と横の長さの比率が違うのがIMAXの大きな特徴になります!

 迫力のIMAXサウンド!


そして音の凄さもIMAXの特徴として挙げられています!

5つのスピーカーと1つのウーハーで作られるサウンドは空気が震える感覚を覚えます。

ただ今となればこの5.1chのサラウンド環境は少し古くなってきており、他の上映と差別化する為のポイントとしては弱いように思います。※一部シアターでは12.1ch仕様もあります。

それでも特徴として挙げさせていただいたのは、この後に説明する「IMAXレーザー」との比較でこの前知識が必要になるからです(笑)

以上

まとめ
・画角が広い!※作品によっては2.4:1のまま
・2台のプロジェクター上映で明るい!※画質は2K
・スクリーンが大きい!
・迫力のIMAXサウンド!
この4点がIMAXの特徴になります!

この基本性能からIMAXは進化していきます!

またIMAXシアターのある映画館をまとめた記事もあるので、自分の家の近くのIMAXシアターを知りたい方はぜひチェックしてみてください!

CHECK!【完全網羅!】IMAXのある映画館一覧!地域別まとめ!


スポンサーリンク


IMAX『レーザー』とは

続いて現在のIMAXのスタンダードになりつつあるIMAX『レーザー』という上映方式。

IMAXとの違い
・画質が2K→4Kへ!
・音響が5.1ch→12.1chへ
簡単に言うとIMAXの映像美・音響のクオリティが上がった上映方式です。

4Kのプロジェクターが採用されているので、IMAXでは2Kの画質だったものがIMAXレーザーでならよりクリアな映像を楽しむことが出来ます!
※作品によっては2Kの映像もあるようです。

音響もスクリーン裏に4基、左右に4基、天井に4基の12.1chのサウンドシステムに進化しています!

IMAXは5.1chですから凄い進化ですよね♪

12.1chのサウンドシステム


またIMAXの大きな特徴であるスクリーンのアスペクト比ですが、それは『1.9:1』のままです。

現在新たに建てられるIMAXシアターはほぼこの「IMAXレーザー」というものになっていくと思います。

理由に関しては次の「IMAX/GTテクノロジー」で説明したいと思います!

参考:関東初 “IMAXレーザー” 導入シアター「109シネマズ川崎」先行体験レポート! 鑑賞時は「役者の眼」に注目!

 動画での説明

 Twitterの口コミ!


スポンサーリンク

IMAX『レーザー / GTテクノロジー』

グランドシネマサンシャイン AMEX

関東初としてグランドシネマサンシャインに導入され、話題になっている『IMAXレーザー/GTテクノロジー』のお話です。

IMAXレーザーと何が違うのかというと

IMAX®最大級のスクリーンサイズ(横幅75フィート = 22.86 m以上)に合わせ、新開発のオプティカルエンジンとIMAX社の独占技術を駆使した世界最先端のシネマテクノロジーを有したシアターです。

最大で1.43対1アスペクト比の上映を実現した4Kツインレーザープロジェクションシステムと一新されたサウンドシステムを備える 。

https://109cinemas.net/faq/theater.html

簡単に言うとIMAXレーザースクリーンが大きくなりました(笑)

スクリーンのアスペクト比が『1.9:1』から最大『1.43:1』という、より正方形に近いアスペクト比での上映が可能になっています。


このように一般的なスクリーンの比率である2.4:1の映像と1.43:1の映像を比べるとその迫力の差は歴然!

わかりやすいように

・通常スクリーン(2.4:1の映像)
・IMAXスクリーン(1.9:1の映像)
・IMAX/GTテクノロジーの映像(1.43:1の映像)

3つの映像を比べた画像が下の写真!

このようにアスペクト比が変わることで映画の見え方が変わってきます!

注意したいのは『1.43:1』のアスペクト比で鑑賞するには、それ用の撮影が必要になります。

現在このアスペクト比で上映するために撮影している作品は少ないので、残念ながら『1.9:1』のアスペクト比での鑑賞になってしまいます。

グランドシネマサンシャイン
グランドシネマサンシャインでの見え方

上の写真のように

・1.43:1に対応してないIMAX作品は
・1.43:1に対応しているスクリーンで上映されても
『1.43:1』のアスペクト比の上映にはなりません。

これは逆も然りで
・1.43:1に対応された作品でも
・スクリーン自体が1.43:1の上映に対応していない
と、上下がトリミングされた上映になってしまうのです。

「IMAXレーザー」と「IMAXレーザー/GTテクノロジー」は別のものということは、ぼくの拙い説明でわかりましたでしょうか?

過去『1.43:1』のアスペクト比で上映可能だった作品には
・インターステラー
・ダークナイト
・ダークナイト・ライジング
・ダンケルク
などがあります。

ダークナイトのBDの特典にはIMAXカメラでの撮影の裏側などが特典映像として収録されており、非常に興味深いです。

今後IMAX/GTテクノロジーが普及すればいいのですが、スクリーンの大きさを確保する必要があります。

またIMAXレーザーの実装は、既存のスクリーンを改装することが多いです。

ここでもどうしても「元々のシアター・スクリーンの大きさ」という制限が発生してきます。

制限がある中で、アップグレードできる最高峰は現在「IMAXレーザー」。

なので、今後日本で普及していくIMAXは「IMAXレーザー」がメインになっていくのかな…と思います。
補足
109シネマズさんのIMAX紹介ページよくある質問で、各IMAXの違いを書いてくれていますので興味のある方はどうぞ!
CHECK!IMAXレーザー/GTテクノロジーの感想記事!
dolby and imax

 Twitterの口コミ!

IMAX『フィルム』

 

ここまで色々なIMAXを今まで紹介してきましたが、そのIMAXを『偽のIMAX』なんて呼んでいる人もいます。

そして本物のIMAXと呼ばれるのが、IMAX『フィルム』シアターという上映方式。

本来IMAXカメラはデジタルではなく、フィルムで撮られます。

・その映像をデジタル処理して上映するのが「IMAXデジタル」
・フィルムで撮った映像をそのまま映写するのが「IMAXフィルム」
現在日本で上映されているIMAXは最新の「IMAXレーザー/GTテクノロジー」も含め、【IMAX『デジタル』シアター】という区分にわけられます。

IMAX70mmフィルムは15Kという解像度を誇るフィルムで撮影されています。4K画質が騒がれているなかまさに桁違いの高画質…。。

このIMAXフィルムを体験できるシアターは現在日本にはなく、海外のシアターに行くしかありません。。

ちなみに世界最大のIMAXシアターがシドニーにありまして、そのサイズは

35.73m×29.42m
※現在は閉店してしまっているそうです。。。

日本で1番大きいIMAXシアター、グランドシネマサンシャインのスクリーンサイズが、25.8m×18.9mなので、縦横それぞれ1,5倍くらい大きさ。

このIMAX70㎜フィルムを使って最近撮影されたのが、クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』です。

本来

・10Kを越える超高画質
・『1.43:1』のアスペクト比
で見ることが可能ですが、これを例えば通常のIMAXデジタルシアターでみると
・2K画質
・『1.9:1』のアスペクト比

になってしまいます。

グランドシネマサンシャインの前日祭で、『ダンケルク』が特別上映されることになりました。

この特別上映が平日の上映にもかかわらず予約サイトのサーバーがダウンするほどの注目を集め、話題になった理由はここにあります。

「グランドシネマサンシャインのIMAXシアターならダンケルクを4K画質にこそなってしまいますが、『1.43:1』で見れる!」

ここに価値を感じている人が多く集まったのです!

当時は大阪のエキスポシティでしか見れなかったので、それがいよいよ首都圏で見れるとなれば映画ファンは興奮しますよね^^

CHECK!【厳選!】巨大スクリーンのある大きい映画館をまとめてみました!【都道府県別】

 Twitterの口コミ!

IMAX ENHANCED(エンハンスド)


IMAX ENHANCEDは映画館でしか体験できなかったIMAX体験を家庭でも体験できるようにした技術・サービスのことです!

2019年11月に様々な準備が整い、本格的にサービスが開始になりました♪

IMAXの高品質を保証するためにIMAX ENHANCED対応機器には高い審査基準が設けられています。

専用のテレビや音響機器が必要になりますが、いつかはボクも体験してみたい!

ディズニー+で実装!


最近ではDisney+でIMAX ENHANCEDが導入され話題に。

これに関してはとりあえず広い画角で見られる作品を「IMAX ENHANCED」と呼んでいるだけで、映像や音質にクオリティ保障としての「IMAX ENHANCED」ではないように個人的には思っています。

上記の写真のように同じ作品でもDisney+だと広い画角での視聴が可能に!家のテレビじゃ大した違いにならないと思うかもしれませんが、この違いは結構デカいです。

なにより専用のテレビやBD/DVDプレイヤー等を購入する必要はなく、ディズニー+の会員登録をして、普通に作品を見るだけでこの広い画角で見れてしまうのがお手軽でよいです。

注意点として、現在(2022年7月時点)はアベンジャーズなどのMCUシリーズの一部作品のみが対応になっている点。

IMAX ENHANCEDについてはコチラの記事でまとめているので、興味のある方は読んで見てください♪

IMAX ENHANCEDを体験!

ディズニープラスへはコチラから!

ディズニー/マーベル/ピクサー作品等が全て見放題!

IMAXプライベートシアターも!

自宅でIMAXを見たい方には朗報!

IMAXを手掛けるIMAX社は、自宅でIMAX映画が見られるIMAXプライベートシアターの販売をしています!

ついに自宅に自分専用のIMAXシアター!

スクリーンは本物のIMAXスクリーンを高さ3m~に縮小したもの。
・3D対応4K対応プロジェクター2台。

・サウンドシステム。
・座席は値段により7名~40名まで。
とのこと!

気になるお値段はスタンダードモデルタイプ4000万円!(笑)

75㎡のスペースの確保が必要とのこと!

さらにプラチナモデルでは40名までの収容が可能になり、そのお値段は1億円と大台を突破!

こちらを設置するには80~150㎡のスペースが必要だそうです…!

これが1億円のプラチナモデル!

上映作品は映画館で上映している最新作の配信を受けるため、都度課金が必要とのこと…!

もちろん自分で準備した作品の上映もカラオケやゲームの使用にも利用できるそうです!

さらににお手頃(?)なプランとして2,000万円で購入できるプランも!

ターゲットはもちろん世界の富裕層の方々。

これが、中国や中東では好調な滑り出しをしたというから凄いですよね…(笑)

一応公式サイトへのリンクを貼っておくので、ご購入を検討されてる方は…♪

購入した際はぜひ招待して下さい…(笑)

またホームシアターをレンタルしてくれるサービスもあったりします。体験記事をかいているので、ホームシアターに興味のある方は読んでみてください!

CHECK!【avac座(アバック座)/感想】レンタルホームシアターの全貌をレポート!



参考https://japanese.engadget.com/jp-2016-06-29-4000-imax.htm

IMAXの鑑賞料金

性能について書いてきましたが、もう1つ鑑賞時に気になる料金についてもまとめておきたいと思います!

劇場別の料金(一例)
ユナイテッドシネマとしまえん 通常料金 + ¥500
同IMAX3D 通常料金 + ¥900
TOHOシネマズ新宿 通常料金 + ¥500
同IMAX3D 通常料金 + ¥900
109シネマズ大阪エキスポシティ
   (IMAXレーザー/GTテクノロジー)
通常料金 + ¥600
同IMAX3D 通常料金 + ¥1000
109シネマズ川崎(IMAXレーザー) 通常料金 + ¥600
同IMAX3D 通常料金 + ¥1000
グランドシネマサンシャイン
 (IMAXレーザー/GTテクノロジー)
通常料金 + ¥700
同IMAX3D 通常料金 + ¥1100

となっております!

・通常IMAXは+500円
・IMAXレーザーは+600円
・グランドシネマサンシャインは+700円

の設定になってますね。

3Dの追加料金は+400円でどこも同じでした!

IMAXと他の上映方式の比較記事!


ボクが今までIMAXと比較してきた上映方式の案内になります!

気になるものがありましたらぜひ読んでみてください。

 ドルビーシネマ

個人的に話題作が発表された時に、IMAXを抑え真っ先に候補に入る上映方式。

スクリーンこそIMAXほど巨大ではないですが、クオリティの高い映像と音響が映画世界をしっかり体験させてくれます!

個人的に1番好きな上映方式になります!

CHECK!【ドルビーシネマとは】IMAXを越えた4つの違いと感想!

IMAX VS Dolby Cinema

 TCX

TOHOシネマズさんが提供している上映方式。

劇場サイズに対して従来より120%のサイズのスクリーンで上映している方式。

劇場によって大きな差があるのが難ですが、TOHOシネマズ六本木さんのクオリティならIMAXよりも優先して見にいこうとも思える上映方式です!

CHECK!【TCXとは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!


 ULTIRA(ウルティラ)

イオンシネマさんが提供しているハイクラスの上映方式。

IMAXの方が白がより白く見える印象で、あまり優先度は高くない上映方式。

追加料金がないので、手軽にハイクラスの上映方式を体験するならアリかな…

CHECK!【ULTIRA(ウルティラ)とは】IMAXとの違いと感想!

 T-LEX

T-JOYグループさんが提供するハイクラスの上映方式。

こちらもウルティラと同様、IMAXのほうが白が白く見えるのでこちらもあまり優先度が高くありません。また採用されている劇場も少なく、アクセスもなかなか大変だと思います。

CHECK!【T-LEX(ティ・レックス)とは】IMAXとの違いと感想!

 BESTIA

こちらはシネマサンシャインさんが提供するハイクラスの上映方式。

グランドシネマサンシャインで体験しましたが、現状音響だけなら1番好きです。

映像も4Kのプロジェクターを採用しているなど、こちらも話題作が出た際はIMAXと並んで候補に入る上映方式です!

CHECK!【BESTIAとは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!


 【参考】他の上映方式の料金

 

上映方式 料金
IMAX +400円~700円
IMAX3D +800円~1,100円
ドルビーシネマ +500円~600円
ドルビーシネマ3D +600円~1,000円
4DX +1,000円~1,100円
MX4D +1,000円 or 1,200円
4DX with ScreenX +1,500円
ScreenX +500円 or 700円
ドルビーアトモス +200円
極上音響 追加料金なし
BESTIA +200円
LIVE ZOUND 追加料金なし
TCX 追加料金なし
ULTIRA 追加料金なし
T-LEX 追加料金なし
odessa cinema 追加料金なし

※同じ上映方式でも劇場によって、差があるので参考程度にお願いします!詳しくは各劇場の料金をお調べください。
※上映方式名をクリックすると、上映方式のレポート記事に飛ぶようになっています!
※2020年2月時点の情報になります。

本物のIMAXを!

いかかでしたか?

『IMAX上映』と言っても色々な上映方式があります。
グランドシネマサンシャインがオープンになったことで、よりIMAX本来の力を発揮できる環境に近づきました。

それでもまだ日本ではIMAXの100%の力を表現できるシアターはありません(;^ω^)

なのでいつか日本でもIMAXフィルムシアターが作られ、より衝撃的な映画体験ができるようになるといいなと思います。

【独占インタビュー】IMAXはなぜ凄い?IMAX社グローバル・セールス最高責任者がその真髄を明かす

こちらの記事ではグランドシネマサンシャインのIMAXが完成に至った裏側やIMAXの性能について、セールス最高責任者のジョヴァンニ・ドルチ氏が語っています。

今後のIMAX社の日本国内での動きやグランドシネマサンシャインのIMAXのプロジェクトに63億円もの金額が投資されたなど、興味深いお話がたくさん…!

またボクのブログでは『ドルビーシネマ』という上映方式についてIMAXと比較した記事も書いています。
併せてよろしくお願いいたします♪


最新作公開に併せて過去作をおさらい!

\映画料金高いと感じている人へ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココにコード