【BESTIA(ベスティア)とは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!

シネマサンシャインオリジナルの映画上映規格の【BESTIA(ベスティア)】
その「BESTIA」をグランドシネマサンシャインのシアター6で体験してきました。

本記事では実写版「ライオンキング」を「BESTIA」と「ドルビーシネマ」で見てきた経験を基に、ボクが感じた違いを書いていきたいと思います!

・BESTIAがどういうものか知りたい方
・BESTIAと他の上映方式との違いが知りたい方
にオススメしたい内容になっています^^

なお本記事で述べますが
「BESTIA」「ドルビーシネマ」は似た特徴を持っています。
「IMAX」「BESTIA」の違いは
「IMAX」「ドルビーシネマ」の違いと同じだと思っています。

なので「IMAX」「BESTIA」の違いを知りたい方は
こちら記事をよんで頂けばわかると思います!
その後、本記事を読んで頂ければ、よりBESTIAがわかります♪
この記事でわかること
・BESTIAの特徴
・BESTIAとドルビーシネマの違い

それではよろしくお願いいたします!
補足
目次を用意しているので、関心のある項目に
飛ぶこともできます^^
ご利用ください。


スポンサーリンク

BESTIAについて

グランドシネマサンシャイン bestia
グランドシネマサンシャインHPより

リアルで鮮明な映像を映しだすことが可能な4Kレーザープロジェクションシステムと、あらゆるサウンドをチャンネルの制限がない独立したオブジェクトとして存在させることができる3D音響システムの2つのシステムにより、観客がまるで映画の中に入ったような臨場感を生み出すことができるプレミアムシアターです。

グランドシネマサンシャイン劇場設備より引用

BESTIAはシネマサンシャインオリジナル規格の上映方式。
最新鋭の4Kレーザープロジェクション2種類のイマ―シブサウンド「Dolby atmos」「DTS-X」による3D音響が採用されており、より没入感・臨場感のある映画体験を提供してくれる上映方式です!

値段

BESTIA鑑賞料金

・BESTIA鑑賞料金通常料金 + ¥200

スクリーン

BESTIA
幅12.75m 高さ6.35のスクリーン

4Kレーザープロジェクションシステムが映し出すHDR(High Dynamic Range)映像は、これまでのキセノンランプのプロジェクターに比べ圧倒的な明るさを持ちます。
またコントラスト比が上がることにより、これまでのプロジェクターでは表現が難しかった黒をより黒く表現する事が可能になりました。
黒の表現の向上により、映像に更なる深みを与えます。 更に表現できる色域も広がり、よりリアルで鮮明な映像を映しだすことが可能になります。

http://www.cinemasunshine.co.jp/bestia/

今回鑑賞したグランドシネマサンシャインでは、クリスティ製の4Kレーザープロジェクター「CP4330 RGB」が採用されており、1.35型DMDチップ搭載で、28,000ルーメンの明るさと、UHCレンズ採用による最大【6,000:1】の高コントラストを実現。
2D/3Dともに光源寿命の3万時間を超えても明るい映像を観られるそうΣ(・□・;)

メーカー名など詳しくはわかりませんが、コントラスト比についてはデジタルIMAXが【2500:1】以下とされています。
なので普通のIMAXデジタルシアターで見るより、色彩がはっきりとしているので、輪郭などがシャープに見えると思います!

4Kのプロジェクターですので、これも普通のIMAXよりは明るく、きれいな映像が見れます!(デジタルIMAXは2K)
参照:https://cinematechnology.jp/archives/501

音響

BESTIA
VIVEオーディオが採用されてます。

D音響システム(イマーシブサウンド)とは通常のサラウンドに加え、天井にもスピーカーを設置することで3次元の立体音響を実現させることができます。
また、チャンネルではなくオブジェクトをベースにしたオーディオフォーマットのため、爆発音、車のクラクションなど、映画のシーンで聞こえるあらゆるサウンドが、 チャンネルの制限がない独立したオブジェクトとして存在することが出来ます。
オブジェクトベースによって自然な音場を形成することで、よりリアルな音響空間が再現されます。更にサウンドがシアター内を縦横無尽に動き回り、 観客を包み込むような新次元サラウンドの体験を実現可能にします。

http://www.cinemasunshine.co.jp/bestia/

今回鑑賞したグランドシネマサンシャインには、シアター5/6ともに立体音響の『Dolby Atmos』『DTS-X』の両方に対応。
シアター5にはQSC製のフラッグシップ4ウェイスピーカーを採用。歪みを抑え、「どこまでも伸びるハイトーン」が特徴だそうです!
今回ボクがライオンキングを鑑賞したシアター6には、VIVEオーディオスピーカーが採用されております。

VIVEオーディオはイオンシネマさんでもよく採用されています。スピーカーのドライバーを縦にならべることで音圧の減少を抑えているそう。
そうすることでどの座席にも正確な音が届く特徴を持っています!
ぜひグランドシネマサンシャインのシアター6に行かれた方は、このスピーカーを見てみてください!
天井にも横の壁にもたくさんのVIVEオーディオがありますΣ(・□・;)

こんな感じで縦にスピーカーが連なってます!

また高音域の音の再現にも長けていて、通常のスピーカーと比較して4倍の広さをもつリスニングエリアを実現しています!
参照:https://www.aeoncinema.com/event/vive/

BESTIAとドルビーシネマを比べてみて

特徴の似ている「ドルビーシネマ」「BESTIA」を比べて、個人的な感想を述べていきたいと思います!

注意
なお、スクリーンサイズや音響面に関して同じ上映規格でも場所ごとで採用している機器など違うので
「ムービックスさいたま」「ドルビーシネマ」
「グランドシネマサンシャイン」「シアター6」「BESTIA」
との比較記事になります。

スクリーンの違い

大きさ

大きさの面で言うと、面積はほぼ同じだと思いますが画角が違います。

おそらく「ライオンキング」はアスペクト比「1.9:1」(横縦の割合が1.9:1)での上映だったので、ドルビーシネマだとスクリーン自体の大きさはあっても左右が結構余白のまま上映されていました。
おそらく
ドルビーシネマは横縦が「11m×5.8m」
BESTIAは縦が長い分、「12m×6.35m」
で、スクリーンに映されていたと思います!
この違いは思ったよりも大きくて、BESTIAのほうが迫力ありました!

今後ドルビーシネマがこの大きさの上映だとちょっと困ります(;^_^A
初めてドルビーシネマのマイナスポイントを感じましたΣ(・□・;)

今までの鑑賞作品では左右の余白は気にならなかったので、今まではどう映し出されていたのか思い出せません…
今後、他の作品で注意して見たいと思います。

映像のクオリティ

映像のクオリティに関してはドルビーシネマのほうがはっきり、くっきり見えていましたね。
BESTIAも「黒」の表現には、力をいれていますがドルビーシネマの「黒」には敵わないと思います。

ライオンキングは薄暗いシーンや夜のシーンがありますが、薄暗いシーンの見え方がドルビーシネマのほうが「黒」がより黒い分、他の色との対比がしっかりされてクリアに見えます。
薄暗いシーン以外でもドルビーシネマのほうが明るく・はっきり見えていたと思います。

これは両社のコントラスト比でも違いが伺えます。
BESTIAが「6000:1」に対し、
ドルビーシネマは「1,000,000:1」、通常作品でも「7500:1」
とドルビーシネマのほうが高いです。

またドルビーシネマは観客席の光の反射を極力なくす工夫がされています。
座席と壁は光を反射させ辛い黒色の素材。スピーカーも全て壁の内側に搭載し、壁は一面光の反射の少ない素材のフラットになっています。
一方BESTIAはVIVEオーディオのスピーカーが出ていたりと、光の反射があります。

暗い山の中だと星がきれいに見えるのと同じで、観客からの光が少ないほうがスクリーンの光をきれいに捉えられるのだと思います!

実際BESTIAのスクリーンでみた最初の感想は
「画面が全体的白っぽく見えるな」
でした。
これはドルビーシネマの黒の表現+光の反射を抑えた特徴がもたらした違いなのかなと…!

それでもBESTIAの映像の綺麗さは十分に凄くて、ドルビーシネマを先に見てなかったら気にならないと思います(笑)

音響の違い

これは圧倒的にBESTIAのほうがよかったです!
作品が始まる前のドルビーアトモスのイントロ映像のサラウンド感がドルビーシネマのサラウンド感とは全然違いましたΣ(・□・;)
BESTIAのほうが音が移動しているのをはっきり実感でき、音の来る方向と音の距離感までリアルに感じました。

鑑賞中「隣の人なんかもぞもぞしてるなぁ…( `ー´)」なんて思ってたら、劇中のジャングルの物音だったりしました…(笑)

音響に関しては
同じ方法でも劇場で微妙に違うことがあるようです。

なので、単純にBESTIAとドルビーシネマの違いと言い切れはできないですが、VIVEオーディオ採用のグランドシネマサンシャインのシアター6のBESTIAの「Dolby Atmos」は、ムービックスさいたまのドルビーシネマの「Dolby Atmos」よりサラウンドがしっかりしているのは確かです!

座席の違い

これは両者の価格設定が違うので、一概にどっちが良いとは言い切れません。(BESTIAは+200円、ドルビーシネマは+500円)
ですが、ドルビーシネマのほうがデフォルトで肘掛が2つ付いているので、隣の人を気にする心配がありません。

BESTIAのほうは狭いので、プレミアムクラスなら快適にみれます。
ただ+1,500円かかります。その分サイドテーブルやミールクーポン700円分、リクライニング付きとなったりするので、座席に関しては一長一短ですかね(;^_^A

ドルビーシネマが好きな人は、BESTIAもオススメ!

ドルビーシネマBESTIA
両者ともコントラスト比の高さ、「黒」の表現にこだわりを持ったスクリーン。
音響面もDolby Atmosなどを採用して、3D音響を売りにするなど似た特徴を持った上映方式。

今回比べてみた結果、どちらにも優れている所と劣っている点がありました。
サラウンド感はBESTIAが良かったし、映像のクオリティはドルビーシネマが綺麗だし。
けど、ドルビーシネマのスクリーン映し出され方が今後一緒ならBESTIAのほうが…。。値段的にもBESTIAのほうが300円安いし。
でも座席のゆったりさとか「黒」の表現はドルビーシネマが良いなぁ…なんて悩みます。

ドルビーシネマとBESTIAは似ていると思っているので、
ドルビーシネマIMAXを比べて
『IMAXが良い!』
という人はBESTIAとIMAXを比べても、IMAXが良いと思います!

ただドルビーシネマとIMAXを比べて
「ドルビーシネマのほうがいい」
「ドルビーシネマでもいいかな…」
という人は、IMAXとBESTIAを比べても、BESTIAでもいいと思います!

今後同じ会場でドルビーシネマとBESTIAがあれば、『時間が合うほうを選ぶかな…』と思えるくらいBESTIAよかったです^^

映画に関して色々記事にしています!
グランドシネマサンシャインに展示されている往年の名作140作を調べた記事!

グランドシネマサンシャイン

【グランドシネマサンシャイン】展示映画140作をまとめました!!

2019年9月7日
※読み込みに多少時間がかかるかもしれませんm(__)m
IMAXの違いについての記事!
IMAXの違い

【IMAXとは?】IMAXデジタル・IMAXレーザー・IMAXレーザー/GTテクノロジー それぞれの違い!

2019年7月24日
4DX with Screen Xの感想記事!
4DX with Screen X サムネイル

【4DX with ScreenXとは?】鑑賞した感想や違い。思った4つのコト

2019年7月30日
IMAX / GTテクノロジーとドルビーシネマを比較した記事!
dolby and imax

【IMAXレーザー/GTテクノロジー感想】ドルビーシネマとの違い・比較!

2019年7月25日


おわり^^

【PR】家でもハイクオリティな映画体験を!

サラウンド音響

最近では家庭でも映画を楽しめるような家電が発売されています!

「家でもサラウンドを利かせて、映画鑑賞をしたい!」
「家でも周りを気にせず
、大音量で映画鑑賞をしたい!」
と思って、使っているのが
SONYのデジタルサラウンドヘッドホン『MDR-HW700DS』です!

 

我が家では「5.1Ch」のホームサラウンドも別に導入しており、状況によって使い分けをしています。
基本的にはホームサラウンドで鑑賞をします。
ただ深夜や早朝など隣を気にしなくていけない時間帯での鑑賞は『MDR-HW700DS』を使います!
サラウンド性能もヘッドホンタイプですが、『9.1ch』という世界初9方向からの音を再現!

個人的にミュージカル映画など、歌がその映画の醍醐味の作品を『MDR-HW700DS』で鑑賞するのがオススメです♪
さすがウォークマンを作っているSONY!

Amazonのレビューでも高評価を受けてますので、気になった方はチェックだけでもしてみてはいかかがでしょうか^^

大きなスクリーン!

こちらはスマホ・タブレットなどの映像を壁に投影するプロジェクター。
お値段も安く、評価も高いのでチェックしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です