舞台版「鬼滅の刃」配信中!

【avac座(アバック座)/感想】レンタルホームシアターの全貌をレポート!

ホームシアターの機器を販売しているアバックさんが運営しているレンタルホームシアター『アバック座』

ずーっと行きたいと思っており、今回ついに行くことができました!

・アバック座さんの説明
・当日の流れ

・体験した感想

を記事にしていきたいと思います!

色々な映画の上映方式を体験してきた経験を活かし、上手く紹介できればと思います^^


スポンサーリンク



avac座(アバック座)とは

アバック座のコンセプトは「映画館を貸し切る」

映画館は大型のプロジェクターと音響透過型スクリーン、そして立体音響 を可能にする複数のスピーカーで構成され、最新のデジタルサラウンド音声 に対応しています。
「アバック座」は、そんな映画館の視聴環境をできるだけ 再現し、少人数(1~4人)でのプライベートな鑑賞を目的とした空間です。

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/index.html

映画好きの夢「自分だけの映画館」その夢を叶えてくれるのがアバック座!

超高性能のシアタールームをレンタル利用させてくれます♪

自分の持っているBDやDVD、iPhoneなどの機器を接続して自身の登録している動画配信サービスの映像を映し出すことが出来ます!

動画配信が広く利用されるようになり、コロナの影響で不特定多数の人と接触することがはばかられる昨今ではその需要はより増しているのではないでしょうか!

現在全国に

新宿アバック座(東京)
横浜アバック座(神奈川)
心斎橋アバック座(大阪)

の3店舗があります。

まだ全国の方が楽しめるほどの店舗数ではないのが、残念な点ですね。

 料金(新宿店)

新宿アバック座料金

利用料金は上記のようになっています!

一幕は3時間(新宿店の場合)となっております。

一見高いように思いますが、部屋単位の料金なので複数人で行けば割り勘で払えます!

またメンバーズカードも無料発行してもらうことができ

・3回分溜まると1,000円引き。
・6回分で「VIPカード」を発行。

VIPカードを貰うと、以降何回でも提示することで1,000円引き!

6回ならすぐ溜まっちゃいそうな気が…!

メンバーズカードとVIPカード


また店舗によって料金体系が違うので、各自で店舗に確認をお願いします。

参考:横浜店の利用料金

 予約について

予約方法は

・WEB予約

のみが用意されています。完全予約制なので、ふらっと行って利用することはできないので、注意してください!

予約は31日前から開始できるようになり、空室状況も31日後まで確認ができます。

参考:2020年10月12日の空室状況

2020年の10月12日時点の新宿アバック座の予約状況は上記のようになっていました!

もう10月の土日/祝日は空きがなく平日も埋まりつつある状況です。

なので

・休日の日に予約をしたい方は20日~31日前に予約をする意識!
・平日でもいい方は、時間にもよりますが2~3日前でも予約は可能!

内容が重複しますが各店舗によって料金体系や設備状況が違います。

新宿店の場合はシアタールームが1つしかありませんが、横浜店や心斎橋店の場合はシアタールームが複数あったり、1日の幕数が3つあったりするので空室状況は各店舗で変わってくると思います。

なので大体の目安として参考にしてみてください♪

 WEB予約のやり方

予約の流れ
・「ご利用のご予約はこちらから」をタップ。
・「詳細」「予約」「カレンダー」から「予約」をタップ。
・「平日」か「土日祝」かを選択。
・「予約・スケジュール」をタップ。
・予約サービス「Coubic」へのログインをする。
・日時の選択、お客様情報。お支払い情報、を入力する。
・利用規約に同意し、「予約する」をタップ。
予約に関しては上記のステップを踏むことになります。

予約サービスの「Coubic」を利用したことのない方は登録が必要になります。

一般的な名前、住所、電話番号、メールアドレス等の入力だけです。

よくある「メールを1度確認しなくてはいけない」という作業も必要ないので、初めての方でも画面切り替えをせずにスムーズに予約完了できると思います!


キャンセルに関しては

・利用の8日前までは画面上でのキャンセルが可能。
・利用の7日前以降は画面上でのキャンセルが不可。

無断キャンセルの場合は、利用料金の200%がかかるそうです。

利用前にしっかりキャンセル規定を確認したほうが良いと思います。


スポンサーリンク



設備

 映像

「アバック座」では全室に最新の4K(3840×2160)デジタルプロジェクターを採用しています。

現在も映画館で用いられるプロジェクターは2K解像度(1920×1080)のものがまだまだ多く(2018年時点)、また暗部と明部の再現の広さを表すコントラスト比に関しては2,000:1~8,000:1と言われています(暗部の再現が苦手)。
いっぽう「アバック座」で採用されている4Kプロジェクターは、解像度で4倍、コントラスト比では50倍相当(400,000:1)のスペックを持っており、作品に秘められた細かな表現や、漆黒の表現なども正確に再現することが可能です。また、3D再生にも対応しており、4K大画面ならではの圧倒的な3D映像体験をお楽しみいただけます。

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/feature.html#screen

↓各店舗のスクリーン詳細↓

 スクリーンサイズ定員通常料金
新宿アバック座150インチ
横3321×高1868
4名平日8,500円
土日祝10,000円
横浜アバック座
シアタールーム1
90インチ
横1992×高1121
2名平日3,000円
土日祝3,500円
横浜アバック座
シアタールーム2
100インチ
横2214×高1245
2名平日3,500円
土日祝4,000円
横浜アバック座
シアタールーム3
120インチ
横2657×高1494
4名平日2,500円
土日祝4,000円
心斎橋アバック座
シアタールーム1
110インチ
横2435×高1370
2名平日2,500円
土日祝4,000円
心斎橋アバック座
シアタールーム2
80インチ
横1771×高996
1名平日2,000円
土日祝3,000円
心斎橋アバック座
シアタールーム3
110インチ
横2435×高1370
2名平日2,500円
土日祝4,000円
心斎橋アバック座
シアタールーム4
140インチ
横3099×高1743
4名平日4,500円
土日祝6,500円

プロジェクターは全室に4Kプロジェクター採用とのこと。

プレミアムな上映方式で有名なIMAXデジタルでも2Kですから映画館顔負けのクオリティ。
※IMAXレーザーは4K

なにより注目なのは、コントラスト比!
カタログスペックですが、そのコントラスト比は400,000:1

・IMAXデジタルシアターが2500:1
・BESTIA上映が6000:1

となっている中で、圧倒的な数値を誇っています!

コントラスト比が高いとどう見えるかというと、色の違いをはっきり表現できるので、人や物体の輪郭がシャープに見えると個人的には思っています。

ドルビーシネマの1,000,000:1のコントラスト比には及びませんが、映画館よりもきれいな映像を楽しめるはず!

そしてそのコントラスト比を際立てるために、壁や天井面には光を吸収する素材を使用しているためシアター内の余計な光の反射をなくし、スクリーンから出る光を素直に見ることが可能!
これはドルビーシネマの特徴と一緒ですね♪

また音響透過型スクリーンという音を通すスクリーンを使っているので、スクリーン裏にスピーカーをおくことでまさに映像から音が出てくるという効果を演出♪

店舗やシアターによって、環境が変わるので気になる方は事前にチェックをお願いします^^

CHECK!【IMAXとは/感想】IMAX・IMAXレーザー・IMAXレーザー/GTテクノロジー それぞれの違い!

IMAXの違い

【IMAXとは】IMAX・IMAXレーザー・IMAXレーザー/GTテクノロジー それぞれの違い!

 音響

一般的に映画館では20本~40本ものスピーカーが部屋全体に配置されており、前後、左右さらには天井までをスピーカーで取り囲むことで、あらゆる音の移動や空間表現を可能にしています。

「アバック座」では、スクリーンの裏側に3本、側面に2~3本(左右)、背面に2~4本、天助面に2~4本ものスピーカーを採用し、映画館に近いシステムで構成されています。
これにより「Dolby Atmos」や「DTS:X」といった最新のデジタルサラウンド音声を忠実に再現、正にイマーシヴ(没入)なサウンド体験を可能にしています。
また、防音が施された部屋だから、家庭とは違う大音量で作品を楽しむことができ、作品本来の音声を正確に引き出します。きっと「え?こんな音が入っていたの?」と驚かれる事でしょう。

https://www.avac.co.jp/contents/avacza/feature.html#screen

音響環境は7.2.4chという

・スピーカーが11個
・サブウーファーが2個

という驚異の環境!

7.2.4chとはどんな音響環境なのかというと

上の画像のイメージ!

画像は7.1.4chなのでサブウーファーが1つ少ない画像ですが、

・前にスピーカーが3つ
・左右にスピーカーが1つずつ
・後ろにスピーカーが2つ
・天井にスピーカーが4つ
・サブウーファーが1つ

という文字通り音に囲まれる環境で視聴が可能!

ボクの家も5.1chの環境にはしてあり、7.1chまでは手が出せますが、天井にスピーカーを搭載するのは厳しいと思っています。

なので、この音響には大興奮!

映画館の音響と比べても、ドルビーアトモスやDT-Xよりはチャンネル数は少ないですが、IMAXと同じくらいのチャンネル数になっています。

CHECK!【ドルビーシネマとは】IMAXを越えた4つの違いと感想!

IMAX VS Dolby Cinema

【ドルビーシネマとは】IMAXを越えた5つの違いと感想!

 プレミアムシートを採用!

アバック座ではほぼ全室に幅広(座面幅約70㎝)の本革電動リクライニングシートが採用されています!

最近では映画館でも追加料金を払って、良い座席での鑑賞が選べるようになっていますが、デフォルトで用意されているのは嬉しい限り!

また2020年1月からはお菓子・ドリンクの持ち込みが可能になったのも嬉しいですね♪

食べこぼしや飲みこぼしの際は修繕費がかかったり、お弁当/カップラーメンなどの食事はNGとのこと。

CHECK!【キノシネマ立川】プラチナ・プレミアムシートをオススメしたい3つのポイント!

キノシネマ立川 プラチナ・プレミアムシート

【キノシネマ立川】プラチナ・プレミアムシートをオススメしたい3つのポイント!

CHECK!【グランドシネマサンシャイン】プレミアムクラスの感想とおすすめの座席!
グランドシネマサンシャイン プレミアムクラス

【グランドシネマサンシャイン】プレミアムクラスの感想とおすすめの座席!


スポンサーリンク



当日の流れ

当日の流れ
・アバック座のあるビルの3階に進む。
・オーディオ等売ってるスペースの奥に進む。
・受付で名前等記入。
・店員さんから機器の説明を受けて視聴開始!
当日の流れはこんな感じで簡単!

3階から降りるとホームシアターの機器を売っている「アバック」さんがあります。

「アバック座」はその店舗の奥にありますので、恐れず入店してください(笑)

一見店舗に見えますが、通路を進んでください!

そのあとは同意書を読んで、名前を記入していよいよ入場です!

10分前から入場ですので、早めに行かなくても大丈夫です。

ただ早く行ってアバックさんの店舗を見てるのも楽しいと思います♪

機器の説明も説明してくれるので、安心です!


注意したいのがスマホやタブレットのから視聴する際は出力端子を繋げても充電されないので、注意を!

3時間の長丁場ですので充電はしっかりしてから臨みましょう!

Wi-Fiは説明書は上のタブレット上でパスワードを書いてくれているので、通信量の心配はありません♪

アバック座を体験した感想!

 まず音が良い…!

なにより音がめっちゃよかったです!

凄いクリアに音が聞こえるので、スッと体の中に吸収されていく感じ♪この音の良さに感動しました…!

IMAX等の映画館と比べるとウーファーの響きは強くはないです(IMAXが強すぎる問題)

なのでさすがに画館ほどの迫力はないかもしれないですが、凄い良いですよ(笑)

 スクリーンが大きいのも最高!

映像は大したことないのかっていうともちろんそんなことはなく、凄い良いです♪

新宿店の場合ですが、スクリーンの大きさが150インチ!横3321×高1868」というサイズ!

基本的に映像鑑賞では「大きさは正義」です!(笑)

ただこのスクリーンを最大限に楽しみたいなら4K 出力のできるディスクを準備すると良いと思います!

普通のブルーレイだとちょっと粗さが気になりますが、4Kはめっちゃ綺麗です…!

ボクはブルーレイしか持参しなかったので、YouTubeの4K映像流してみましたが圧巻でしたね。

動画配信サービスも4K対応の作品ってあっても少ないので、大好きな作品を120%楽しみたいなら4K対応のディスクをオススメします♪

BDのHD画質の場合、家のテレビだと綺麗に見えますが、このサイズのスクリーンだとどうしても引き伸ばした感があって、ぼやけて見えてしまいます。

店舗やシアターによっては大きさが違うので、事前に確認をお願いします!

 没入感ありまくり!

持ち込んだ作品!

ブログ記事作成にあたって色々な作品を回し見してたのですが

・でかいスクリーン
・めちゃめちゃきれいな音
・真っ暗な室内

この環境のおかげで色々見なきゃいけないのに、見入ってる自分がいました…!この没入感を映画館以外でも体験できるのは凄い良い…!

あとトイレの心配が要らないのも大きいですね!

行きたくなったら映像止めて、トイレ行けるので♪映画館ではできない芸当です(笑)

 映画もいいけど…

アベンジャーズをアッセンブルしてみたり、ラ・ラ・ランドの冒頭シーンなど有名シーンを視聴しましたが、何より1番良かったのは普段大きなスクリーンや良い音響で見れない作品を見ること!

いつもテレビやスマホで見ている地上波のアニメやドラマを、このスクリーンで流すと映像の大きさと音のクリアさによって普段とは全然違う体験になると思います…!

アニメ『鬼滅の刃』のヒノカミ神楽のシーンなんか5回くらいリピートしましたね…

アニメ 鬼滅の刃 19話より

あとはライブ映像を見るのも良かったです!

大きいスクリーンと何よりめっちゃいい音響で聞くライブ映像は最高♪

あいみょんさんのライブ良かった…(笑)

CHECK!【あいみょん】『AIMYON TOUR 2019-SIXTH SENSE STORY-』無料でライブ映像をフル視聴する方法!

【あいみょん】『AIMYON TOUR 2019-SIXTH SENSE STORY-』無料でライブ映像をフル視聴する方法!【見逃し配信】

映画館で見た作品をここで見るのも乙なものですけど、結局それは映画館の体験を追体験するもので新しい体験とはなりません。

しかしアニメとドラマをここで見ると、今までとは違う体験ができます♪海外ドラマをここで見るのもいいかもしれないですね^^

とは言いつつ、アベンジャーズでもラ・ラ・ランドでも結局鳥肌たつくらいの感動はしてます(笑)

 安い!

新宿店の料金

値段も安いですね。1幕3時間8,500~10,000円ですから

・恋人等、2人の場合は1人4,250円~5,000円。
・4人の場合は1人2,125円~2,500円。

普通の映画鑑賞に比べると高くつきますが、この体験でこの値段なら安いと思います♪(ボクは1人で参加…)

不特定多数の人と会う心配もありませんし、今の時代にもマッチした内容!

値段や利用時間は店舗によって違うので、チェックをお願いします^^


スポンサーリンク



avac座(アバック座):口コミ

アバック座オススメです!

色んな映画館の上映方式を見てきましたが、アバック座さんの体験は凄い良かったです!

もちろんドルビーシネマやIMAXほどの迫力はないかもしれないですが、完全プライベート:自分だけの空間で好きな作品を好きな風に視聴できるのは映画館にはない価値だと思います♪

ボクも今度はだれか一緒に行きたい…(笑)!

お値段もお得で普段の動画鑑賞とは違う体験ができること間違いなしだと思うので、ぜひお近くにありましたら行ってみるのをオススメします♪

CHECK!【一気見!】長期休みにまとめてみたい映画シリーズ9選!

【一気見!】長期休みにまとめてみたい映画シリーズ9選!

CHECK!【IMAX ENHANCEDとは】IMAXが体験できる最新のホームシアター!

【IMAX ENHANCEDとは】IMAXが体験できる最新のホームシアター!

CHECK!【タイプ別】オススメの映画館/映画上映方式を紹介!

【タイプ別】オススメの映画館/映画上映方式を紹介!

シェアお願いします♪

ディズニー作品見放題!
Disney+(ディズニープラス)

2020年6月、ついに日本上陸した動画配信サービス!
世界興行収入トップの話題作が見放題!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です