Screen X(スクリーン エックス)を鑑賞した感想!イマイチだった3つのポイント。

Screen X サムネイル


\最新作公開に併せて過去作をおさらい!/

過去13作品が無料で見放題!


Screen X』という上映方式はご存知でしょうか?

日本での認知度はまだまだ低いと思うこのScreenX(スクリーンエックス)をやっと体験してきました!

一体どんな体験ができるのかワクワクしながら臨みました。

が、結果としてScreen Xはボクの期待を越えては来ませんでした…。。

本記事ではScreen Xを初めて知った方の為にも様々な説明をした後で

イマイチだった3つのポイント
オススメの座席
どこの映画館で体験できるのか?

なども書いていこうと思います!

今後
『Screen X』での鑑賞を考えている人の参考になればと思います!

それではよろしくお願いします!


スポンサーリンク


ScreenX(スクリーンエックス)について


スクリーンXがどんな上映方式なのか簡単説明すると、上の画像の通り

「正面だけではなく左右の壁にも映像が映し出される上映方式」

公式HPには以下のような説明分が掲載されています。

「ScreenX」とは、次世代型映画上映システムとして世界的に注目を集めている3面マルチプロジェクション・映画上映システムです。
正面のスクリーンに加え、両側面(壁面)にも映像が投影され、270度の視界すべてで映画を鑑賞することができ
映画の世界に自分の感覚が没入していくような臨場感を体験することができます。

「ScreenX」で上映される映画はシーンによって正面のみに映像が投影されるシーンと両側面に映像が投影されるシーンがあります。
左右に広がる画面は映画のシーンにさらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を生み出し、映画自体の持つポテンシャルを最大限に表現することを可能にしました。
ユナイテッド・シネマHP 引用)

\動画での説明!/

 シアター内の雰囲気!

4DX with ScreenX
3面スクリーン!


SCREEN Xではシアター内の3面に映写されるという事で、真ん中のスクリーンに加え左右の壁もスクリーンっぽい壁になっています!


左右の壁も真ん中のスクリーンのようになっているのが伝わりますでしょうか?

また写真の映像は”Screen X”ではなく、”4DX SCREENX“という上映方式の時の写真になりますので座席がScreen Xとは異なるのでご注意ください。

4DX with ScreenX 壁
左右の壁一面スクリーンっぽい壁


上の写真は左右の壁を撮ったもの!

画質が悪いのが申し訳ないのですが、この”スクリーンっぽい壁の感じ”が伝われば幸いです!

映画が上映されるまでのScreen Xイントロの映像は凄いです(笑)かなりテンション上がると思います!

 鑑賞できる場所と料金(11カ所)

劇場 料金
ユナイテッドシネマ
アクアシティお台場

(東京都)
+700円
109シネマズ
グランべリーパーク

(東京都)
+500円
グランドシネマサンシャイン
(東京都)
+600円
ユナイテッドシネマ
テラスモール松戸
(千葉県)
+700円
シネマサンシャインかほく
(石川県)
+500円
シネマサンシャイン
ららぽーと沼津
(静岡県)
+500円
109シネマズ明和
(三重県)
+500円
シネマサンシャイン下関
(山口県)
+500円
ユナイテッドシネマ
福岡ももち
(福岡県)
+700円
TOHOシネマズ
熊本サクラマチ

(熊本県)
+500円
ユナイテッドシネマ
PARCO CITY 浦添
(沖縄県)
+500円

アースシネマズ姫路さんでは4DX SCREENXとして導入されていますが、ScreenX単体として案内がHP上で確認できなかったのでここでは省いています。
※2023年4月にオープン予定の109シネマズプレミアム新宿で導入予定。


日本上陸当初は

ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場

でしかみることができなった「ScreenX」ですが、現在(2020年8月時点)では全国11カ所で見られるようになっており、全国でちらほらと鑑賞場所は増えていますね!

料金は各劇場によって差があるので、行かれる際は各自で料金を再確認してもらえればと思います!

 【参考】他の上映方式の料金

色々な上映方式の値段をまとめてみました!
上映方式 料金
IMAX +400円~700円
IMAX3D +800円~1,100円
ドルビーシネマ +500円~600円
ドルビーシネマ3D +600円~1,000円
4DX +1,000円~1,100円
MX4D +1,000円 or 1,200円
4DX with ScreenX +1,500円
ScreenX +500円 or 700円
ドルビーアトモス +200円
極上音響 追加料金なし
BESTIA +200円
LIVE ZOUND 追加料金なし
TCX 追加料金なし
ULTIRA 追加料金なし
T-LEX 追加料金なし
odessa cinema 追加料金なし

※同じ上映方式でも劇場によって、差があるので参考程度にお願いします!詳しくは各劇場の料金をお調べください。
※上映方式名をクリックすると、上映方式のレポート記事に飛ぶようになっています!
※2020年2月時点の情報になります。

 注意事項

Screen Xは座席位置により特に左右映像の視聴環境(見え方)が異なります。
予めご了承ください。
3面スクリーンで上映されるのは本編中約30分です。
最も効果的なシーンでお楽しみいただけます。
ユナイテッドシネマHP 引用)

SCREENXのオススメの座席

ユナイテッドシネマアクアシティお台場HPより引用

席は後方寄りの真ん中がオススメです!

迫力や没入感を求めて前方に行くとせっかくの左右の映像が見えません。

左右の位置も距離感が左右でずれてしまうと見づらい印象だったので、真ん中が良いのかなと思います!

アクアシティお台場以外で見られる方は各会場での上記の写真の位置を選んでもらえればと!

CHECK!【映画館のいい席はどこ?】見やすい座席/オススメの座席はココだ!

 みんなの意見!


スポンサーリンク


イマイチだった3つの理由

 3面展開の時間の短さ

https://www.unitedcinemas.jp/screenx/index.html

まず驚いたのが、注意事項でも書きましたが3面スクリーンで映し出されるのは

本編中約30分のみ


ということです。

てっきり全編3面スクリーンで見れると思っていたので。

ボクだけならいいですが同じことを思っている人は多いのではないじゃないでしょうか。

IMAXとか極上音響など他の上映方式は、基本的に全編その上映方式で体感できますもんね(笑)

なので、30分以外はスクリーンXを選んだ意味がありません。

その30分に500円の追加料金を払うなら、IMAXやドルビーシネマなど全編に効果のある上映方式を選んだほうがいいかな…

ちなみに2022年5月時点では上記の注意書きがHP上から消えていたので、今は30分制限がなくなってるかもしれません。気になる方は劇場に確認を!

追記(2022年5月)

現在公開中の「トップガン マーヴェリック」においては3面展開される時間が1時間近くあるという口コミを見つけました。

HP上から”30分制限”の文言が消えたことと相まり、3面展開の時間は増えているかもしれません。

ただ「トップガン」においては30分以上あるという事も考えられますので、参考程度に捉えて下さい!

 結局メインスクリーンを見てしまう

最初は3面展開になると

『おお~!』

となりますが、次第に

『左右になんか出てるな…』

程度の認識になってきます(笑)

3面展開はされますが、結局お話は全て中央のスクリーンで進行。

左右のスクリーンになにか重要な情報があるのか?というとそうではないので、極論左右のスクリーンは見る必要性がありません

今後スクリーンX用に左右のスクリーンを使った演出が出てくれば面白いとは思いますが、左右には同じ平面上にお客さんがおりお客さんと映像が被るので難しそうです。

現状左右のスクリーンが飾り/オマケとしてしか機能していないと思います。

また今回は字幕作品でしたので話を理解するため、左右の映像に気を配っていられなかったです…

なので、吹替版なら左右の映像に意識を割けるかもしれません。

 メインと左右の映像の質の違い

この点が個人的に

一番イマイチだなと感じてしまった要因

です。

真ん中の映像と左右の映像には画質の差や明るさの差が結構あります。

左右の映像が『粗く』『暗い』です。

そうなってくると

『これなら結局メインスクリーンだけ見てればいいかな…?』

なんて思っちゃいます。

あと左右にある扉や非常口などのオブジェクトが見えてしまうことが没入感の妨げになりますし、映像自体も平面的な映像で『のぺ~』とした感じでしか映し出されないのもマイナス。

この点が思ったほど『没入感』を得られなかった要因だと思います。

・真ん中の映像と同じクオリティで左右に映し出す。
・非常口などの没入感を妨げるオブジェクトをなくす。

この2点が実現できれば良いなと思います。

ただ非常口などは法的な制約があるので、難しそうかなぁ…


スポンサーリンク

ScreenXの楽しみ方

ライブビューイングと相性がいい?

前述してきた理由であまり価値を見出すことはできなかったスクリーンXですが、そんなスクリーンXと相性が良さそうな映像体験がライブビューイング。

お話を理解する必要がある映画ではどうしてもお話が展開されていく真ん中のスクリーンを見続けないといけませんが、ライブビューイングの際はお話を理解するといった要素はなくなります。

それよりも重要視されるのは「雰囲気」や「臨場感」なのかなと思います。

映画鑑賞時には「飾り」としてしか感じられなかった左右の映像も「雰囲気」を伝えるには十分な効果を発揮してくれるのではないかと。

上の画像はとても分かりやすいですよね♪その場にいる感覚を体験させてくれそう!

実際に『BLACKPINK 』というグループの映画『BLACKPINK THE MOVIE』では、スクリーンXでの上映もされていたそう。


そういう意味ではボヘミアンラプソディーなどの演奏シーンやライブシーンが魅力的な映画を鑑賞するときには相性が良さそうですし、アクションシーンや戦闘シーンなど雰囲気を重視したシーン/とにかく映像を楽しむだけのシーンなんかとは相性は良いのかなと思います!

字幕を読む必要があるシーンはどうしてもセンタースクリーンを見る事を強いられてしまいますからね…

とにかく30分縛りはネック…!もっと長時間の3面展開を…!

 4DXとの合体で真価を発揮!


イマイチだったとしか言っていないSCREENXですが、映像に合わせて座席や風/水が飛んで来る上映方式「4DX」と合わさり「4DX SCREENX」となるとその評価は一変します!

単体だと飾り/オマケとしてしか捉えられず物足りなさを感じてしまうSCREENXですが、4DX上映と合わさると4DXがその物足りなさをカバーしてくれます。

左右に映し出される30分以外は普通の上映方式と言えるSCREENXでも、その空き時間を4DXが常に多様なエフェクトで鑑賞者を楽しませてくれるので、SCREENXの短所「3面展開の時間の短さ」に意識が行きません。

そして4DXとSCREENXの両方が体験できるシーンの「映画の世界に入り込んだ感覚」はテンション上がりまくり!

もしSCREENX単体を体験してイマイチに思ってしまった人でもぜひ4DX SCREENXは別物として体験してみて欲しいです!

4DX with Screen X サムネイル

Twitterの反応

一度体験するのはいいかも


初めてのScreen Xでしたが、期待を越えてはこなかったです。

没入感を求めて
Screen Xで見に行ったのですが、期待以上の没入感はあまり得られませんでした。

映画が始まる前にScreen Xのイントロダクション映像として街にいる少女の映像が流れますが、そこが一番感動しました(笑)

通常の鑑賞とScreen X
が同じ値段または追加料金+¥300程度で見られるなら鑑賞の選択肢に入ってきそうですが、追加料金500円~700円も払って見るならドルビーシネマやIMAXレーザー/GTテクノロジーでの鑑賞をすると思います。

ちょっとしたエンタメ要素としては楽しめると思いますが、没入感・迫力を求めるなら『ドルビーシネマ』鑑賞したり爆音上映で鑑賞すると思います。

それでも通常鑑賞よりは断然楽しく見られますので、高めの鑑賞に抵抗のない方は1度は体験してみるのはいいかもしれません。

Twitterでの反応を見る限りではスクリーンXを褒めるツイートしかなかったので、ボクみたいな感想を持つ人は少数の可能性が高いです…

でもボクは今後スクリーンX単体上映を敢えて選ぶ機会は少なそうです。。。


最新作公開に併せて過去作をおさらい!

\映画料金高いと感じている人へ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココにコード