【IMAXと4D映画の違い】どっちがおすすめ?体験できる映画館も紹介!

 

\「映画料金高すぎ!」と思っている方必見!/


話題作が出るたびに上映されるIMAX上映と4D上映。

貴重な映画体験をどちらの上映方式で見ればいいのか悩む人も多いと思います。

本記事ではIMAXと4D映画の説明をした後にどちらがおすすめなのか言及していきたいと思います!

・IMAXってなに?
・4D映画ってなに?
・おすすめはどっち?

なんて考えている人はぜひ最後まで読んでいってください!

結論だけ先に言うと初回ならIMAX!です!


スポンサーリンク


IMAXとは?

『IMAX』(アイマックス、英: IMAX)は、 カナダのIMAX社(英語版)が開発した動画フィルムの規格及びその映写システムである。

通常の映画で使用されるフィルムよりも大きなサイズの映像を記録・上映出来る。

IMAXフォーマットで撮影され上映される作品もあるが、通常の映画作品をアップコンバートし、IMAX用の映画館(IMAXシアター)で上映することもある

Wikipedia より


最近よく目にしたり耳にする事も多いかと思いますが、基本的な普通の上映との違いは

IMAXの特徴
・画角が広い!
・2台のプロジェクター上映で明るい!
・スクリーンが大きい!
・迫力のIMAXサウンド!
・追加料金は500~700円!※3Dの場合更に400円
上記の4点がIMAXの特徴として挙げられると思います!

通常よりも高画質/高音質であるという事はIMAXの事をよくわかっていない方でも何となくイメージ出来るかと思いますが、最大の特徴は

画角の広さ

にあると思っています!

“スクリーンの横と縦の大きさの比率”、これをアスペクト比と言いますが、通常の映画館だとこのアスペクト比が2.4:1サイズになっています。

これがIMAXになると1.9:1サイズになります。言葉で言ってもわかり辛いので画像を用意しました!


このように通常よりも縦に広い画角で映画を見れるので、より多くの情報をスクリーンから受け取ることが出来ます!

IMAX用に撮影される必要があるのでIMAX用の作品でも全編がこの画角で見れる作品は少ないですが、いざ画角が広がるとその迫力は圧倒的です…!

スクリーン自体の大きさも


通常サイズのスクリーン(比較はSAION上映のスクリーン)よりも大きくなっているので、左右がカットされる事なく1.9:1サイズの画角で見ることが可能。

高画質/高音質や巨大スクリーンなどがIMAX以外の上映方式でも堪能することが出来ますが、この”画角の広さ”は様々な上映方式の中で、IMAXが唯一持っている特徴になります!

 IMAXにもたくさん種類が!

グランドシネマサンシャイン IMAX


一口にIMAXと言っても様々な種類があります。劇場で体感できるタイプだと

・IMAX
・IMAXレーザー
・IMAXレーザー/GTテクノロジー
・IMAXフィルム
があり、家庭でIMAXを楽しむために
・IMAX ENHANCED
・IMAXプライベートシアター
などが展開されています。

中でも言及すべきは「IMAXレーザー/GTテクノロジー」。

通常のIMAXの上位互換であるIMAXレーザーの更に上位互換にあたります。

上で説明したIMAXの最大の特徴である画角の広さに更に磨きがかかり、1.43:1サイズというより縦に長い画角で映画を鑑賞することが出来ます!

こちらも画像を用意しました。


このようにより多くの情報を得ることが出来ます。

ただこの画角で見られる作品はIMAX作品の中でも少なく、IMAXレーザー/GTテクノロジーが導入されている映画館も現在(2022年6月時点)日本で2カ所しかありません。

IMAXレーザー/GTテクノロジー導入映画館
とにもかくにもIMAXの最大の売りは画角の広さと思ってもらえればと思います!

IMAXについての細かい説明は別の記事で細かく説明していますので、気になる方はそちらの記事を読んでもらえればと思います♪


スポンサーリンク


4D映画とは?


3Dの更に上の4D映画。その特徴は

・映像に合わせて座席が動いたり、水/風/匂いなどが出てくる
・値段は+1,000円~1,200円
と言うのが特徴。

またよく「映像が3D+様々なエフェクト」という風に考えている方もいると思いますが、映像自体は3Dではなくほぼほぼ2Dだと思います。座席が動きながらの3Dは酔う人が多発しそう…。。

IMAXと同様に高画質/高音質の上映方式はたくさんありますが、上映中に座席が動き、風や水が発生するのは4D映画のみになります!

また最近よく聞くVRというのも別物。あれはゴーグルを被って疑似的にその世界に没入するタイプ。

それを利用して疑似的に「映画館に行って映画館で映画を見ている感覚」で映画を見るVR映画なんてのも登場してます(笑)

 4D映画には4DXとMX4Dがある


IMAXと同様に4D映画にも種類があります。

1つは韓国の会社が製作した4DX。もう一つはアメリカの会社が製作したMX4D。

基本的には同じ趣旨の上映方式。両社とも映像に合わせて座席が動いたり、水や風が発生します。

ただ厳密にはエフェクトの種類や程度の差があります。

その辺は同じ映画を4DXとMX4Dで見比べた記事がありますので、2つの4D映画の違いが知りたいという方はそちらの記事を読んでみて下さい♪

 4DX SCREENXなんて上映方式も! 


4D映画の更に上の上映方式として”4DX SCREENX”というものもあります!

4DX SCREENXがどのような上映方式かと言うと名前の通り「4DX」に「SCREEN X」という上映方式が合わさったもの!

4DXは上で説明したとおりの内容ですが、SCREEN Xがどういうものかと言うと正面のスクリーンに加え、左右の壁にも映像が映写される上映方式。

これ物凄い面白い上映方式なので、4D映画が好きな人はぜひ体験してみて下さい!

こちらも別の記事で感想記事を書いていますので興味がある方は読んでみて下さい♪


スポンサーリンク

IMAXと4D映画の違い!


ここからはIMAXと4D映画の違いについて書いていきたいと思いますが、ここまで読んでくれた方ならこの2つが全然違う事は理解してくれてると思います(笑)

全然違うのですが、改めて違いを表にまとめてみました!

 4DIMAX
上映館数4DX : 59館
MX4D : 20館
41館
追加料金1,000∼1,200円500∼700円
(3Dの場合+400円)
エフェクト
(10種類以上)
×
画角2.4:11.9:1
or
1.43:1

 4D映画の最大の特徴はエフェクトの多さ!


4D映画の最大の特徴にして唯一の特徴が「エフェクトの多さ」

4D映画以外に座席が動いたり、風が吹いてくる上映方式はありません!

テーマパークのアトラクションのような映画体験をしたい人は4D映画一択!

 IMAXの最大の特徴は「画角」!


IMAXの最大の特徴にして唯一の特徴が「画角の広さ」

IMAX用に撮影された画角の広い映像はIMAXシアターでしか見ることが出来ません!

画角の広い映像に圧倒されたい人はIMAX!

 【参考】色々な上映方式の料金

IMAXと4D映画以外の様々な上映方式の値段を表にしました!

気になる方はクリックorタップしてみてください♪

色々な上映方式の値段をまとめてみました!
上映方式料金
IMAX+400円~700円
IMAX3D+800円~1,100円
ドルビーシネマ+500円~600円
ドルビーシネマ3D+600円~1,000円
4DX+1,000円~1,100円
MX4D+1,000円 or 1,200円
4DX with ScreenX+1,500円
ScreenX+500円 or 700円
ドルビーアトモス+200円
極上音響追加料金なし
BESTIA+200円
LIVE ZOUND追加料金なし
TCX追加料金なし
ULTIRA追加料金なし
T-LEX追加料金なし
odessa cinema追加料金なし
SAION追加料金なし

※同じ上映方式でも劇場によって、差があるので参考程度にお願いします!詳しくは各劇場の料金をお調べください。
※上映方式名をクリックすると、上映方式のレポート記事に飛ぶようになっています!
※2020年2月時点の情報になります。

\最新モデル「4K MAX」登場!/

基本はIMAXがおすすめ!


どちらにも唯一と言える特徴のある4D映画とIMAXですが、どちらか一方でしか見れないのならオススメしたいのはIMAXです!

その理由はまず4DXは初見時には向いていません(笑)

座席は動き、風は吹き、水は飛んで来るので、映画自体に集中はできません。ましてや字幕作品ならちょっとエフェクトの方が気になってスクリーンから目を背けた隙に、セリフを理解し損ねるなんてことが起こります。

逆にIMAXは画角の大きい画面で見れるので、通常よりも情報量を多く受け取ることが出来、映画自体を存分に楽しむことが出来ます。

またIMAXは2台のプロジェクターを使う事による明るく鮮明な映像と重低音の効いたの音響で楽しめます。

なのでどちらか1回でしか見ることが出来ないのなら、作品を十二分に楽しめるIMAXで見る事がおすすめ!

 4Dは2回目以降!


同じ作品を2回目以降で見るなら4D映画はオススメ!

2回目なので既に作品の内容は頭に入っているので、その分4Dのエフェクトを楽しむことにリソースを割くことが出来ます。

通常の映画体験とは全然違う体験になるので、2回目以降でも新鮮な気持ちで映画を楽しめます♪

ボクは最初4D映画否定派の人間でした。

が、1度体験してみてその面白さに気づかされました。もしためらっている人がいたら決して悪い上映方式ではないので、ぜひ体験してみて下さい!2回目以降で!(笑)

みんなの口コミ!

\最新モデル「4K MAX」登場!/

欲しい要素に合わせて!


ここまで4D映画とIMAXの説明をしてきました!

基本的にはどちらも唯一無二の特徴のある上映方式であり、どちらも良い上映方式なのは間違いありません。

ただ1回きりの機会をどちらかの上映方式で見なくてはいけないのなら、そこはIMAXで良いと思います。

その作品自体をしっかり味わいたい初回はIMAX、作品以外の楽しみを味わう2回目以降は4D。

このように上手く使い分けをしてより良い映画体験に繋げて貰えればと思います!

\映画料金高いと感じている人へ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココにコード