【フレックスサウンド】日本初!音響体感シートFLEXOUNDの感想!【アクアシティお台場】



様々な上映方式で映画を見られるようになりましたが、2022年12月1日からまた新たな上映方式が日本に導入されました!

その名前はFLEXOUND(フレックスサウンド)


本記事では映画「THE FIRST SLAM DUNK」をイオンシネマの通常上映とこのFLEXSOUND(フレックスサウンド)で見比べてきたので

・FLEXSOUND(フレックスサウンド)ってどんな上映方式?
・通常の上映とどんな違いがあるの?

と思う人はぜひ最後まで読んでいってください!


スポンサーリンク


FLEXOUND(フレックスサウンド)とは?

https://www.unitedcinemas.jp/flexound/

フィンランドで拡張音響システムの開発を手掛ける「FLEXOUND」(フレックスサウンド)の特許技術を用いた“音と振動を発生させるスピーカー”を内蔵した椅子のこと。
劇場のスピーカーシステムに加え、座席に仕込んだスピーカーからも音声を出力する事で「耳から聞こえる音はより鮮明に聞こえ、さらに振動を通じて肌からも音を感じる」という、映画音響を身体で楽しめるのが特徴。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1459810.html


最近追加料金を払って視聴環境をアップグレードする上映方式が増えていますが、このFLEXSOUND(フレックスサウンド) は”音の増幅”ではなく”音に包まれる環境を一人一人に届ける”事を目的として作られたそう。

劇場内のスピーカーに加え、座席のヘッドレスト部分から直接音が届けられるので、「音に包まれる環境を一人一人に」という趣旨を体現した物になっている仕様。

イヤフォンにも骨伝導といった、空気の振動以外の方法で音を聴く技術があるが、FLEXOUNDも振動技術を応用することで、椅子全体をスピーカーに変え、耳で音を感じると共に椅子の枕や背部から音と振動により身体でも音を感じることができる。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1459810.html


座席の位置に関しても、スクリーンの真ん中部分に設置をしてくれているので見やすさも確保されています。

また特定のスクリーンのみの設置ではなく、アクアシティお台場の場合だと13スクリーン中10スクリーン、全85席が導入されているので、色んな作品で利用できるのも良い点だと思います。

IMAXやドルビーシネマは話題作のみの上映に限ってますからね。

スクリーンの真ん中に


ただ2022年時点だとユナイテッドシネマ・アクアシティお台場でしか導入がされていないので、導入映画館の増加が待たれます。

気になる料金は+200円となっているので、アップグレードが施された上映方式の中では安い方に分類されると思います。

参考までにボクが今まで記事にしてきた上映方式の料金をまとめておくので、比べて見てください。

上映方式 料金
IMAX +400円~700円
IMAX3D +800円~1,100円
ドルビーシネマ +500円~600円
ドルビーシネマ3D +600円~1,000円
4DX +1,000円~1,100円
MX4D +1,000円 or 1,200円
4DX with ScreenX +1,500円
ScreenX +500円 or 700円
ドルビーアトモス +200円
極上音響 追加料金なし
BESTIA +200円
LIVE ZOUND 追加料金なし
TCX 追加料金なし
ULTIRA 追加料金なし
T-LEX 追加料金なし
odessa cinema 追加料金なし
SAION 追加料金なし

 動画での説明

FLEXOUND(フレックスサウンド)の感想!


いよいよ本題のFLEXSONUD(フレックスサウンド)の感想に入っていきたいと思います。

本記事では

・座席
・音
・振動

この3点のポイントにまとめて書いていきたいと思います。

簡単な結論としては下図のようにようになります!

○ 良かった点 △ イマイチだった点


・+200円で良い位置、快適な座席で見れる。


・音に関して恩恵を感じにくい。

・振動の存在価値があまりない。

 座席について


座席の観点から見ると「結構良い」と思います!

まず”座席の位置”が良い。導入スクリーンの真ん中の部分に設置をしてくれているので見やすい!

スクリーン真ん中に導入

 

この位置からの鑑賞ならスクリーンによって多少の差はあれど、おそらくちょうど目線の高さにスクリーンがあるので首が疲れる事はないと思いますし、スクリーンが視界に納まるので視線の移動も少なく、疲れにくいです。

 

フレックスサウンドシートからの見え方


次に座席自体も1つの席に対してドリンクホルダーが2つ付いているので、隣の人と肘が干渉しません。

これによりゆったりとした空間で映画鑑賞が出来ました。

また座席間に20㎝くらいの感覚が保たれているので、そこに荷物を置く事が出来、荷物の置き所に困る事もありません。

 


この内容を追加料金+1,000円程度に設定している映画館もありますが、FLEXSOUND(フレックスサウンド)なら+200円。

プレミアムシートとしての価値は高いのかなと思います。

ただ座り心地だけは他のプレミアムシートよりは劣る印象。見た目からも想像できると思いますが、結構固いです。

その点は好みの部分もあるかと思いますが、ボクはもう少し柔らかい方がお尻が痛くならないので好きです。

 音について


気になる音は座って音が流れた瞬間に「通常と全然違う!!」

とはならずに、正直通常のシーンなら気づかない程度でした。

一応常に頭の後ろの部分から音は出ているので、”会話が良く聞こえる”という特徴を意識して聞いてみると良く聞こえる”気はします”が、はっきりと通常の上映と違いがわかるかというとそうではありませんでした。

耳をヘッドレスト部分に寄せてみると音が鳴っている事はわかります。

結論この音によって映画体験が大きく変わるのか?と言われるとそうではない様に思います…。

ただ足音等の「近くにある物が遠くに行く」だったり、「遠くから何かが来る」という音は、距離感が通常の映画館よりよくわかるものになっていました。なので、カーチェイスのある映画や銃弾とかが飛び交うアクション作品とは相性が良いかもしれません。

対称にホラー映画など静寂の中で物語が繰り広げられる作品でも小さい音をしっかり伝えられる特徴とは相性が良さそう。

低音も強いは強いのですが、低音を求めたいなら音に圧倒される「極上爆音」や「轟音上映」で見たほうが良いと思います。しかもこの2つの上映方式なら追加料金はありませんし。

 振動について


座席の振動に関しては「あってもなくても良い」というのが正直な感想。

スラムダンクの場合だと、ドリブルの音が鳴るたびに振動があったりするのですが、別段「その振動があるから没入感が上がる」という感覚は得られませんでした。

値段が違うので単純比較はできません。「体感したい」という意味では素直に4DXを選ぶ方が良さそう。

ただ劇中「静寂の中で心臓音が鳴るシーン」があったのですが、このシーンではFLEXSOUNDの振動が映画内の演出と合っていてかなり良かったです。

ただ単純に「低音に反応して振動する」だけの演出だと安易な感じはします。

逆に4DXが合わない人の意見としてよく見られる「振動が邪魔で映画に集中できなかった」という事はなかったので、前述したように「あってもなくても良い」という感想に着地をしました。

 総評:200円ならアリ


・座席
・音
・振動

この3つのポイントをまとめて評価すると

「見やすい位置/隣の人と干渉しない座席代として払う200円ならアリ」

確かに音や振動は感じる事が出来るのですが、ドルビーシネマや4DXのようにそこまで劇的に映画体験を変える物ではありませんでした。

なので、このFLEXSOUNDの価値は「見やすい位置と隣の人と干渉せずに見る為のシート」と捉えるのが吉かなと。

『”見やすい位置と隣の人と干渉せずに見る為”に200円追加で払ったら、ちょっとしたサラウンド強化と振動による演出も付いてきた!』

と考えればがっかりはしないと思います(笑)

逆に音や振動による演出を目的にこのシートを選ぶとがっかりしちゃいそう


スポンサーリンク


Twitterでの口コミ!


良い点も悪い点も赤裸々に感想を書いてきましたが、あくまでもボク個人の感想です!

ボクとは全く感性の違う人もいると思うので、そんな人たちの参考になるようにTwitter上でFLEXSOUNDについての感想をいくつか拾ってきました!

ぜひ参考にしてみて下さい!

 プレミアシートしてもあり!

 音響はイマイチ、振動は楽しい!

 臨場感がたまらない!

 +200円ならあり!

 振動は良いけど音はもう少し…

 物理的苦痛があった


スポンサーリンク


拡大が予想されるFLEXSOUND(フレックスサウンド)


公式HPの上映劇場の画像をみると、導入劇場の名前を追加できるように場所が取られているので、おそらくユナイテッド・シネマさんとしてはFLEXSOUNDを拡大していきたいのでしょう。

導入ハードルも専用の音源データは不要なので低いそうですし。

映画を見るだけなら配信で済んでしまう時代で「映画館で見る価値」を提供する為に、こういう色々な上映方式が出てくるのは良い事だと思います!

個人的なFLEXSOUNDの感想としては

「快適な視聴環境を求めるプレミアムシート」としてお金を払うならアリ。「音や振動で新たな映画体験を求める」なら違う上映方式を検討したほうが良い。

この考えならミスマッチが起きる事はないと思います。

全体的にマイナス的な印象になってしまったかと思いますが、ボクは通常席とFLEXSOUNDが空いていたら200円払ってFLEXSOUNDを選ぶかなと思います!


改めて感想をまとめは次の通り。

○ 良かった点 △ イマイチだった点


・+200円で良い位置、快適な座席で見れる。


・音に関して恩恵を感じにくい。

・振動の存在価値があまりない。

このブログではFLEXSOUND以外の上映方式についても紹介していますので、ぜひ読んでいってください!

\映画料金高いと感じている人へ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ココにコード