【まとめ】2020年地上波放送された映画!

【TOHOシネマズ池袋】轟音上映の感想!爆音上映との違いは?

2020年7月にオープンになったTOHOシネマズ池袋で注目の上映方式に「轟音上映」というものがあります!

日本初の設備のようでチェックしないわけにはいかず、行ってきました!

鑑賞作品も「IMAX」と「爆音上映」で鑑賞したことのある「グレイテスト・ショーマン」を選びましたので、それぞれの体験を基に「轟音上映」がどんなものなのか記事にしていきたいと思います♪

・轟音上映が気になっている方。
・爆音上映と何が違うの?

なんて思っている方は、ぜひ読んでいってください♪


スポンサーリンク


轟音上映とは?

アイソバリック方式のサブウーハー

音の体感・迫力あるサウンドを意識したシアター。アイソバリック方式を採用したサブウーハーを日本で初めて劇場に導入。

アイソバリック方式はスピーカーユニットを向かい合わせで駆動させることで、通常のサブウーハーの1.5倍~2倍のパワーを発揮します。他の劇場では体験できない、空気を震わせる体感型サウンド・シアターを実現します。

https://www.tohotheater.jp/theater/084/institution.html

日本で初めてアイソバリック方式なるものを採用したサブウーハーを導入されたスクリーン。

LINN社が考案した特許技術のようで「低音再生拡張効果をもたらす」そうです!

これによって最低域においても圧倒的なパワーが得られそう…!

普段はライブでしか使われないとのことで、期待が上がります♪
※参考:LINN、「アイソバリック方式」の音響技術を採用したスピーカー「MAJIK ISOBARIK」を発売

またお値段は据え置きなのも嬉しいですね!

 スクリーン

9.9m×4.1mのスクリーン

スクリーンサイズは9.9m×4.1mと普通のサイズ。

大画面で見たい人には物足りないかな…。

 座席・オススメの座席

今回鑑賞したのは「F列の真ん中」

視界にちょうどスクリーンが収まる見え方でよかったと思います!

オススメとしまして、上の赤枠の画像の範囲が良いかなと思います。

F列から鑑賞したときに、ちょっと窮屈感を感じたのでF列または少し後ろの列だと見やすいかなと感じました。

個人的な好みなので、F列からの見え方を参考に席選びをしてみてください^^


スポンサーリンク



轟音上映の感想!

 ウーハーが響く響く…!

とにかくウーハーの響きが凄かったです…!

オープニングのドン!ドン!という足踏みなんかは、背もたれが震えるほどの響きがありましたΣ(・□・;)

『これが日本初のアイソバリック方式の力とやらか…!』

背もたれが震えるなんて4DXでしか体験したことないので、テンション上がりました♪

音もクリアに聞こえて、グレイテスト・ショーマンの楽曲をしっかり、じっくり聞くことが出来ました!

 全体としては物足りない…

爆音映画祭

ウーハーが響くシーンは確かに凄いのですが、普通のシーンはIMAXよりちょっと大きめ程度の印象。

爆音映画祭での鑑賞時はオープニングの「オォーオォーオオオー!」の雄叫びでお腹まで響いてくるほどの音量に「こんな音量で2時間も心臓もつかな…」と心配したほどでした。

轟音上映ではオープニングの雄叫びは許容できる程度の雄叫びでした…

足踏みなどの低音が響くとこは確かに凄い!

凄いのですが、歌唱シーンは割と普通…。。オープニングで圧倒された爆音と比べると物足りなさを感じてしましました。

その他の歌唱シーンも

『IMAXでもこのくらいの音量出てなかったかな…?』

と思うことは何回かありました。

『轟音』という言葉から想像するほどのインパクトはなかったです。

逆を言えば「聴きやすさ」はあったかなと!

轟音上映は綺麗に聞こえる範囲で音を最大化した印象!
※爆音が汚いというわけではありませんよ!

迫力と聞きやすさのバランスは良いと思いますが、ボクは轟音に大迫力の音の力を求めていたのでそこでズレが生じてしまった所があったと思います…!

 響きと余韻

爆音映画祭のほうが優れていた点として、「響きがあり、楽曲が終わった後の余韻が凄かった」こと。

爆音の感想記事でも触れたのですが、爆音のグレイテスト・ショーマンは本当に圧倒される音量でした。なので、「音の大きさ」が注目されがち。

ただボクが1番感動したのは、大音量のあとに訪れる静寂と余韻でした。

大迫力の歌が終わった後の静寂に訪れる音の残響が、圧倒され放心状態気味の体に優しく入ってくる。

その余韻がめちゃくちゃ気持ちよかったんですよね。

特に「Rewrite the stars」の余韻は凄かった…圧倒的でした!

ボクが爆音映画祭に参加したときは初日かなにかで、音の調整をされた「樋口泰人」さんが上映前に挨拶に来てくれました。

その挨拶の中で「響き」に拘ったと発言を。

もしかしたらあの時だけのチューニングだったのかもしれませんが、爆音の感動を越えることはできなかったのが正直なところです。

CHECK!【爆音上映がオススメ!】極上音響・爆音映画祭とは?体感した感想!

爆音上映

【爆音上映がオススメ!】極上音響・爆音映画祭とは?体感した感想!


スポンサーリンク



Twitterでの反応!

TOHOシネマズ池袋について

轟音上映以外にもTOHOシネマズ池袋ならではの上映方式が用意されています!

それについても触れていきたいと思います!

 「プレミアムサウンド(スクリーン6)」

日比谷のメインシアターのコンセプトである「コンサートホール」のようなプレミアムサウンドの音響監修を行った“株式会社イースタンサウンドファクトリー”が、当劇場用に監修しました。

高解像で音の再現が可能な「カスタム4wayハイコアキシャル」と、ステージスピーカーとの一体感を突き詰めた「3wayコアキシャル」サラウンドを組み合わせることで、高域から低域まで繊細な音響体験が可能に。

これらの音響設備により最上級の鑑賞環境を提供いたします。

https://www.tohotheater.jp/theater/084/institution.html

 「プレミアムサウンド(スクリーン10)」

立体音響システム“Dolby Atmos®”を日本で初めてカスタムスピーカーで導入。

スピーカー毎に自在に音を配置、移動できるDolby Atmos®の魅力を最大限発揮できるように、天井を含めたサラウンドスピーカーに指向性の高いハイパワーコアキシャルを採用。ステージスピーカーは6番同様「カスタム4wayハイコアキシャル」を採用し、プレミアムサウンドはそのままに、音がスクリーン内を縦横無尽に動き回る極上の鑑賞環境を提供いたします。

※Dolby Atmos®はドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレイションの登録商標です。

https://www.tohotheater.jp/theater/084/institution.html

TCXやドルビーアトモス自体は新しい技術ではありませんが、TOHOシネマズ池袋用のカスタマイズがされているみたいですね。

これも機会があったら体験してみたいです♪

TCXについては別の記事で紹介していますので、興味のある方はぜひ読んでみてください^^

CHECK!【TCXとは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!

【TCXとは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!

爆音上映のほうがオススメ!

「日本初」「轟音」という単語に惹かれ鑑賞してみましたが、爆音の衝撃・感動を越えることはありませんでした…。

もちろん普通の上映よりは大音量ですし、ウーハーの響く低音は震えるほどの迫力はあります。

ただ個人的にはもっと音に圧倒されることを期待していたので、聞きやすさと迫力のバランスの良さは感じても物足りなさがどうしても…。。

爆音映画祭は数か月に1度、定期的に開催されていますので、もし轟音上映で感動した人は爆音映画祭の参加も検討してみてください♪

違った体験ができると思います!

また今回は爆音映画祭での体験を「爆音上映」の感想として書いています。

シネマシティ立川さんでやっている「極上爆音」等とは、また違った体験になるのかと思います。

なので、あくまで1つの指標として捉えてください。

当ブログでは色々な上映方式で見比べた感想記事を書いているので、興味のある方はぜひ読んでいってください♪

CHECK!【川崎チネチッタ/LIVE ZOUND(ライブザウンド)とは】感想と違い!

LIVE ZOUND

【川崎チネチッタ/LIVE ZOUND(ライブザウンド)とは】感想・座席について!

CHECK!【4DXとMX4Dの違いと感想】圧倒的に4DXをオススメしたい理由!

【4DXとMX4Dの違いと感想】圧倒的に4DXをオススメしたい理由!

CHECK!【BESTIAとは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!

【BESTIA(ベスティア)とは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!

CHECK!【歌・音楽が良い映画14選】感情が爆発する名曲、名シーンたち!

【歌・音楽が良い映画14選】感情が爆発する名曲、名シーンたち!

シェアお願いします♪


当ブログで1番人気!
music.jp

定額金額内or無料期間内で多くの最新映画を見られる意外な動画配信サービス!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です