【タイプ別】オススメの映画館/映画上映方式を紹介!


最新モデル“4K MAX”登場!

技術の進歩によって、近年多くの上映方式で映画館で上映されるようになりました。

選択肢が増えるのは有難いのですが、逆に

「どれで見ればいいのか迷ってしまう…」

なんて方も多いかと思います!

本記事ではそんな方の為に、様々な上映方式を同じ映画作品で見比べ続けてきたボクがオススメする上映方式を趣向別に紹介していきたいと思います!

ぜひ参考にしてみてください!

自分で悩んで選ぶのめんどくさいという方に、超簡単な結論を言ってしまえば

・ドルビーシネマ
・IMAX

で上映されている作品ならどちらかで視聴すれば間違いはないと思います!

・詳しい話を知りたい方
・色んな映画館/上映方式を知りたい方
・画質/迫力/又はデート時等、ニーズに合わせた映画鑑賞をしたい方

は、ぜひ読み進めていってください♪


スポンサーリンク


画質重視の方にオススメの上映方式!

 ドルビーシネマ


とにかくきれいな映像を見たい方にオススメしたいのが、ドルビーシネマという上映方式!

『ドルビーシネマ』とは

Dolby Cinema
1・Dolby Visionによる映像
2・Dolby Atmosによるオーディオ
3・洗練されたシアターデザイン

この3つの要素によって構成されている最新鋭シネマ技術

圧倒的な色のコントラスト比の高さを誇っており、黒をより黒く表現できます。

黒という一括りの色の中でも「違う黒色」を表現できるので、例えば暗闇の中の映像でも物の形や位置をしっかり認識することが出来ます!

また音響面でも「ドルビーアトモス」という高クオリティの技術を使っているので、あらゆる面で高いレベルの上映方式になっています。

・比較的スクリーンサイズが小さい。
・別途料金がかかる。

等がデメリットとして挙げられると思いますが、個人的に1番好きな上映方式になっています♪

Uドルビーシネマの特徴をまとめてみました!
ドルビーシネマの良い所、悪い所
良い所悪い所

超高画質の映像

ドルビーアトモス採用の音響

スクリーンサイズが小さめ。

別途料金が必要。
(+500円~600円)

詳しくは下記の記事で紹介しています!

CHECK!【ドルビーシネマとは】IMAXを越えた4つの違いと感想!

IMAX VS Dolby Cinema

体験できる映画館

ドルビーシネマを体験できる映画館を紹介します!

T・ジョイ博多(福岡)
梅田ブルク7(大阪)
MOVIXさいたま(埼玉)
丸の内ピカデリー(東京)
ミッドランドスクエア・シネマ(愛知)
MOVIX京都(京都)
T・ジョイ横浜(神奈川)

全国の主要都市とされている場所には設置は進んでいますが、まだまだ見られる場所は少ないですね。

Twitterの口コミ


スポンサーリンク


大きさ重視の方にオススメの上映方式!

上映方式に拘らず、とにかく大きいスクリーンで見たい人には下記の記事!
CHECK!【厳選!】巨大スクリーンのある大きい映画館をまとめてみました!【都道府県別】

 IMAX


おそらく1番知名度のある上映方式だと思うのが、IMAXという上映方式。

・湾曲したスクリーンがもたらす没入感。
・2台のプロジェクターによる明るく、鮮明な画像。
・迫力のある音響。
・IMAX専用の広い画角で楽しめる(作品による)

などの特徴が簡単な説明になります。

ドルビーシネマほどの映像や音のクオリティはないと感じていますが、迫力面に尖ったバランスのいい上映方式だと思っています。

基本的にIMAXのスクリーンは大きいので、大きさを重視する人にオススメです!

またIMAX専用に作られた作品というものが存在し、その作品をIMAXで視聴すると普段の映画館よりも大きい映像で見ることが出来ます!

ただIMAXシアターのスクリーンサイズはシアター毎に結構サイズが違う上に、サイズが公表されていないので、同じIMAXでもシアターによって体験が変わってしまうことが起こりうります。

同じIMAXでも

・IMAXデジタルシアター
・IMAXレーザー
・IMAX/GTテクノロジー

といった種類があるので、初めての人には違いの理解が面倒かもしれません。

とにかく大きいスクリーンで見たい方には、IMAX/GTテクノロジーで見れば間違いはありません!

IMAX/GTテクノロジーは

109シネマズ大阪エキスポシティ(大阪)
グランドシネマサンシャイン(池袋)

IMAXの特徴をまとめてみました!
IMAXの良い所、悪い所
良い所悪い所

スクリーンが大きい
(場所によって差があります)


IMAX用の作品を十二分に楽しめる

導入劇場が多め


場所によって、バラつきがある。

別途料金が必要。
(+400円~700円)

IMAXに関しては書くべき特徴が多いので、気になった方は別途で解説記事を書いています。

なので、ぜひそちらを読んでみてください!

CHECK!【IMAXとは/感想】IMAX・IMAXレーザー・IMAXレーザー/GTテクノロジー それぞれの違い!

IMAXの違い

Twitterの口コミ

 オーシャンスクリーン


縦9.3m×横22.6m
という日本最大級のスクリーンサイズを誇る上映方式。

最大級というだけであって、日本最大なのはIMAX/GTテクノロジーです!

こちらは体験したことがないので、情報提供のみにとどまらせておきたいと思います!

体験したい方は

ユナイテッド・シネマ豊洲

で体験できるので、興味のある方はぜひ!

Twitterの口コミ

 TCX


TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN から文字を取ったTCXという上映方式も大きいスクリーンサイズをウリにしています。

同規模座席数のスクリーンより120%大きいスクリーンサイズとなっています!

「何メートル以上のスクリーンサイズをTCXと呼ぶ」

という具体的な基準がなく、あくまで同規模座席数よりも120%大きいという基準なので、シアター自体の大きさでスクリーンサイズは変わります。

IMAXと同様に場所によってサイズが変わってしまいますが、TCXの場合はHPでサイズが公表されているので事前に調べてから臨むことが出来ます!

音響もドルビーアトモスを導入している所もあるので、大きいスクリーンでドルビーアトモスを体験できるというのが特徴だと感じています!

難点としてはサイズにしても音響にしても、場所によってのバラつきがあるので同じTCXでも違った体験になりうるということでしょうか。

TCXの特徴をまとめてみました!
TCXの良い所、悪い所
良い所悪い所


スクリーンが大きい
(場所によって差があります)


ドルビーアトモス採用の音響
(場所によります)


別途料金必要なし。
(ドルビーアトモスの場合は別途料金)

場所によって、サイズのばらつきがある。

・場所によって、音響の違いがある。
こちらは別途で感想記事/見られる映画館を書いていますので、気になる方はぜひ読んでみてください!

CHECK!【TCXとは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!


みんなの口コミ!


スポンサーリンク

音響重視の方にオススメの上映方式!

 ドルビーアトモス


既にこの記事でも何度も登場しているドルビーアトモスという音響技術。

普通の上映方式だと音の発生する方向が5方向or7方向、高クオリティのIMAXでも天井も含めて12方向からとなっています。

しかしこのドルビーアトモスは劇場設備によるようですが、天井を含めた最大64方向からの3Dでの音を表現できます♪

なので、より正確な環境音の表現が可能になっています。

ドルビーアトモスはドルビーシネマではセットで導入されていますし、TCXでは劇場によりますが導入されている場所もあります。

個人的に1番音の環境が良いと思っているグランドシネマサンシャインのBESTIAでもドルビーアトモスが導入されています♪

ドルビーアトモスの特徴をまとめてみました!
ドルビーアトモスの良い所、悪い所
良い所悪い所

サラウンド感が凄い

ドルビーアトモス採用の音響

導入劇場が多い


スクリーンサイズが小さめ。

別途料金が必要。
(+200円)

1番音が良いと思っているBESTIAの感想記事はこちらからどうぞ!

CHECK!【BESTIAとは】IMAX・ドルビーシネマとの違いと感想!


Twitterの口コミ

 LIVE ZOUND(川崎チネチッタ)

ライヴプロデュース集団クラブチッタと手掛ける最新鋭のハイエンド音響装置。

音の職人が映画一作一作を、最適な音で調整し、その魅力を最大限に引き出します。

全身を包む弩級の重低音から、雪の舞音も逃さない広音域の表現が可能。

観客を心地よい新たな音の世界へと誘い込みます。

https://cinecitta.co.jp/livezound

川崎チネチッタさんでのみ導入されている「LIVE ZOUND」という上映方式。

物が落ちる音などSE(サウンドエフェクト)がものすごくクリアに聴こえます!聴こえすぎるので、多少のバランスの悪さを感じなくはないです。

ただその分音を楽しみたい作品の鑑賞時には、ものすごくマッチした上映方式だと思います♪

僕がLIVE ZOUNDで鑑賞した作品は

・空の青さを知る人よ
・デジモン last evolution 絆

など、主題歌を良い環境で聴きたい時にLIVE ZOUNDでの鑑賞をしています!

音響だけでなく、映像も4K画像で見られるようになったのでこれもまたバランスのいい上映方式だと思います。

LIVE ZOUNDの特徴をまとめてみました!
LIVE ZOUNDの良い所、悪い所
良い所悪い所

4Kの高画質の映像

クリアな音響


追加料金なし

見られる場所が川崎チネチッタだけ
こちらも感想記事を書いていますので、気になる方は読んでみてください♪

CHECK!【川崎チネチッタ/LIVE ZOUND(ライブザウンド)とは】感想と違い!

LIVE ZOUND

Twitterの口コミ

 爆音上映/轟音上映

轟音上映のウーファー

とにかく迫力のある大音量で見たい方にオススメなのが轟音上映と爆音上映!

2つとも別の上映方式なんですが、大音量の上映方式として今回は同じ括りにさせてもらっています!

ウーファーが出す重低音がシートを揺らすほどの音量を出すので、映像をメインに映画視聴をしてきた人には新しい映画体験を提供してくれる上映方式だと思います。

音を物理的な衝撃として感じることが出来ます(笑)

・轟音上映はTOHOシネマズ池袋/立川
・爆音上映はシネマシティさん爆音映画祭のイベント

で見ることが可能です!

轟音上映、爆音上映の特徴をまとめてみました!
轟音上映、爆音上映の良い所、悪い所
良い所悪い所

他の上映方式にない大音量

追加料金なし

見られる場所が限られている。

轟音上映と爆音上映の感想記事もそれぞれ書いていますので、ぜひ読んでみてください!

CHECK!【TOHOシネマズ池袋】轟音上映の感想!爆音上映との違いは?

CHECK!【爆音上映がオススメ!】極上音響・爆音映画祭とは?体感した感想!
爆音上映

Twitterの口コミ

\最新モデル「4K MAX」登場!/

4D映画を体験したい人にオススメ!

 4DX

3Dの上を行く上映方式が4D映画。

4D上映の中には

・4DX
・MX4D

という2種類が存在しますが、個人的にオススメなのが4DXです!

そもそも4Dというのは映像に合わせて

・イスが動く
・水や風が発生する

など映像以外の要素が追加された上映方式です。

4Dという名称ですが、映像は3Dとは限らないので注意してくださいね。

この上映方式は賛否が別れます。さらにMX4Dと4DXでも別れます。

ボク自身も体験する前は

「4Dとか映像の邪魔にしかならないだろ…」

と思っていましたが、いざ体験して見るとその楽しさに気付かされました(笑)

4DXの特徴をまとめてみました!
4DXの良い所、悪い所
良い所悪い所

映画内のアクションを体験できる

導入劇場が多い

別途料金がかかる。

人によって賛否の隔たりが大きい


4DXとMX4Dの違いと感想を書いた記事を書いているので、興味のある方は読んでみてください^^

CHECK!【4DXとMX4Dの違いと感想】圧倒的に4DXをオススメしたい理由!

Twitterの口コミ

 4DX with SCREEN X

上で説明した4DXに「SCREEN X」という上映方式が加わった上映方式が「4DX WITH SCREEN X」という上映方式。

SCREEN Xはシアターの前面だけでなく、左右にも映像が映し出される上映方式です。

これが4DXに加わっているので

・イスも動く。
・水や風も出る。
・前と左右にも映像が映し出される。

というアクションてんこ盛りな上映方式です(笑)

個人的にSCREEN Xの評価は低いのですが、この4DX WITH SCREEN Xへの評価はかなり高め

より世界感を感じれるので、なにか好きな作品を違った環境で見たい時にはまっさきに候補に挙がってくる上映方式です!

現在4DX with screenXが見られる映画館は

グランドシネマサンシャイン(東京/池袋)
109シネマズクランベリーパーク(東京/町田)

があります♪

4DX WITH SCREEN Xの特徴をまとめてみました!
4DX WITH SCREEN Xの良い所、悪い所
良い所悪い所


唯一無二の映画体験!

4DXを越えるアトラクション体験


料金が高い。
(1,500円)

体験できる場所が少ない


感想記事を書いていますので、気になる方は是非読んでみてください!

CHECK!【4DX with Screen Xとは?】鑑賞した感想や違い。思った4つのコト

4DX with Screen X サムネイル
CHECK!Screen X(スクリーン エックス)を鑑賞した感想!イマイチだった3つのポイント。
Screen X サムネイル

Twitterの口コミ

デートにオススメの映画体験!

 シネマ・オーケストラ

https://www.promax.co.jp/harrypotter/


デートにオススメしたい映画の見方といえば「シネマ・オーケストラ」略されて「シネオケ」なんて呼ばれたりします!

どういうものかと言うと上の画像のように映画はスクリーン上で上映されるのですが、BGMはその場にいるオーケストラの方が演奏してくれるというもの!

物凄いおしゃれですし、普通の映画体験とは全然違うのでぜひ恋人や意中の人と見にいってほしいです!

通常の映画とは違い、常時どこかでやっているものではありません。事前に日程が組まれており、ローソンチケットさん等で予約して購入する形になります!

値段は座席の種類によって違い、大体5,000円~10,000円くらい。映画鑑賞とすると高く感じますが、コンサートと思えば普通の値段。

お相手が映画好きな方なら間違いないと思います!

CHECK!【美女と野獣 イン・コンサート/感想!】過去最高の感動を生んだ3つのポイント!【上白石萌音・山崎育三郎】

CHECK!【ハリー・ポッター/シネマ・コンサート感想!】映画と空間の圧倒的なシナジー!【アズカバンの囚人】

\最新モデル「4K MAX」登場!/

映画館を貸切る上映方式!

 avac座でレンタルホームシアター

avacというホームシアター機器を販売している会社が運営するホームシアターをレンタルしてくれるavac座というサービス!

映画館ほどのクオリティとは言えませんが、十二分プレミアムな環境での視聴が出来ます!

1部屋の人数は1~4人までのという完全プライベート空間での視聴が可能。

また流せる映像も自分たちの好きなものを流せるので、自由度がかなり高い上映方式だと思います。

普段映画館で見れない映像をここで視聴すると、全然違った体験になるので最近1推ししているサービス!

全国で

新宿アバック座(東京)
横浜アバック座(神奈川)
心斎橋アバック座(大阪)

の3店舗しかないので、万人の人が体験できるサービスでないのが残念な点ではあります。

avac座の特徴をまとめてみました!
avac座の良い所、悪い所
良い所悪い所

完全プライベート空間での視聴

ドラマやアニメ、Youtubeも
映画館での視聴体験にアップグレード


見られる場所が限られている。

少人数だと割高に

映画館には劣る環境


こちらも体験記事を書いていますので、ぜひ読んでみてください♪

CHECK!【avac座(アバック座)/感想】レンタルホームシアターの全貌をレポート!

Twitterの口コミ

なにで見るか迷っている方!

今現在同じ映画でも様々な上映方式で上映されているので、それで見ればいいのか迷われている方も多いと思います。

個人的にはとりあえず

・ドルビーシネマ
・IMAX

での上映がされている作品ならばどちらかで鑑賞して頂ければ、間違いはないと思います…!

そこから色んな上映方式で鑑賞したい方は、今回紹介した他の上映方式を参考にしてもらえればと!

思っている以上に、全然違う体験になるものですよ^^

\動作サクサク!最新モデル”4K MAX”登場!/

<

\映画料金高いと感じている人へ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココにコード