【ひとり映画】おすすめしたい6つの理由!最高の鑑賞方法!

ひとり映画

「ひとり焼肉」「ひとりカラオケ」「ひとりディズニー」などひとりで様々なコンテンツを楽しむ人がとりあげられるようになり、ひとりで映画を楽しむ「ひとり映画」という言葉も生まれました。

かく言うボクは「ひとり映画」が大好きです!
「ひとり映画」で見ないと映画を楽しめません!

本記事では「ひとり映画」を愛する男が「ひとり映画」をオススメする6つの理由について書いていきます!

・ひとり映画に興味のある方。
・ひとり映画なんて考えられない!という方。
 
ぜひ読んでみてください!ひとり映画の良さに気づけると思います♪


スポンサーリンク

ひとり映画をおすすめしたい理由!

好きな時間、好きな座席で鑑賞できる!

だれかと映画を見に行くときは、どうしてもお互いの日程調整が必要になってきますよね?
日にちが決まっても今度は朝なのか、昼なのか、夜なのか。

座席に関しても2人ならまだしも3人,4人だと並びで座れない。なんてことが発生します!

その点「ひとり映画」なら大丈夫!
自分の都合に合わせて自分の好きな時間に自分の好きな座席に座れます!

隣に人がいないので、悠々自適!

複数人で映画鑑賞をする時って、暗黙の了解なのか全員並びでの鑑賞になりますよね?
その時点でボクは抵抗感…(笑)

「隣に人がいること」から来る圧迫感は映画から意識を遠ざけます。
肘掛が隣の人と共用のシアター・スクリーンの場合なんか物凄い圧迫感を感じてしまいます。

「隣の人は肘掛使う人?ボク肘かけていいの?」
「この人ドリンクホルダー使う?」
など、とても気を遣ってしまいます…

最近広がりつつあるドルビーシネマでは、肘掛がデフォルトで各席に2つ付いています。
またこれも最近良く見られますが、通常料金に追加料金することで通常のシートより広く・大きいシートに変更できるサービス。こういったサービスがされるのは、映画を見る全ての人が映画鑑賞時に隣の人からプレッシャーから解放されたいという思いがあるから成り立っているのだと思います!

ひとり映画なら肘掛が共用の映画館でも、追加料金を払わなくてもそのプレッシャーから解放されて映画鑑賞が出来るのです!

お茶の間が凍らない!

家族や友達・恋人とロードショーを見ている時に、突然のラブシーンに気まずくなった経験はありませんか?
この俗にいう「お茶の間が凍る」現象。

どうしてもボクはラブシーンなどになると、一緒に見に行った人へ意識が行ってしまいます(;^ω^)

「どう思ってるかな…?」
「向こうは気まずく思っていないかな…?」
といった感じに…。

これもひとり映画なら心配ありません!
目の前に映る愛の表現を素直に受け止めることができるのです…!

見た作品がつまらなくても大丈夫!

だれかと映画を見に行くということは、必然的にどちらかが誘う側の人間になります。
もし自分が誘う側の時に、誘った映画がつまらなかったら相手に申し訳なくないですか?

「2時間という時間」「2,000円というお金」を払ってもらって、微妙な思いにさせたことへの罪悪感。
これが友人とならまだしも、もし意中の人とのデートだった場合なんか地獄です…

これもひとり映画なら大丈夫!
全部自己責任だから、どんなにつまらない映画だったとしても傷を負うのは自分だけなのです!

作品への思いはブログやSNSで発露。

「映画を見終わった後に感想を語り合いたい」
複数人で映画を見に行くメリットとしてよく挙げられる点です!

これもひとり映画でも大丈夫!
作品の感想ならブログやSNSや感想サイトに書けば大丈夫!
違う人の意見を聞きたいときでも、感想サイトのレビューを見に行けば感想を見ることができます!

意見交換もSNS上で、できます!

確かに映画好きな人との鑑賞時はその後盛り上がることができます。
ただ一般的な人とだと映画を見た後、映画について語る時間なんてほんの少し。その後の食事の場所をどうするか。などの会話にシフトしてしまいます。

映画鑑賞の邪魔をされない!

ボクの「ひとり映画」は単純にひとりで行く映画という意味ではなく、同じ時間に同じシアター・スクリーンで見る人が少ない、限りなく「ひとり」に近い映画鑑賞のことを指します。

その理由としては、映画からの没入感を下げる要因を限りなく少なくしたいからです!

没入感を下げる具体的な要因としては

・隣に人が座る圧迫感
・食べ物の匂いや咀嚼音。
・目の前を通る人。
・携帯の光や音。
 
などがあげられます。

これらの要因は一緒に鑑賞する人数が多いほど、遭遇するリスクが高まります
携帯の音や光は問題外として
・隣に人が座る
・食事の音や匂い
に関して言えば、劇場としては
・見てくれる人
・食事をしてくれる人
が多いほどありがたい話。

・トイレなどで席を外す際に目の前を通る人
も生理現象なので仕方のないこと。ボクも突如尿意との闘いが始まる場合があります(;^ω^)

携帯の問題以外は基本的に仕方のないこと。
なので、ボクが取れるリスクマネジメントとしては「人が少ない上映回」を選ぶつまり「ひとり映画」という選択肢しかありません!

Twitterなどで他人との揉め事があった報告を目にすることもありますし(;^_^A

スポンサーリンク

「ひとり」だけど「独り」じゃない…!

ひとり映画には没入感がある!

普段色々な上映方式を試し上で大事にしていることが、映画への没入感です。
いかに映画の世界に集中できるか・入り込めるか。
この点を大事にしています。

IMAXやドルビーシネマでどれだけ没入感を上げる技術が駆使されても
・隣の人と肘が当たれば。
・目の前を人が通れば。
・携帯が鳴れば。
意識は途切れてしまいます。

そういう意味では「ひとり映画」こそ没入感を高める最高の「上映方式」と言っても過言ではありません!

「ひとり映画」に抵抗のある方。
ひとり映画は決して恥ずかしいことでありません!むしろ最高の鑑賞方法ですらあります!
ここに「ひとり映画」を愛するひとりの男がいる限り、あなたは「独り」じゃあないのです…!

シングル・ウォッチャーを!

シングル・ライダーならぬ「シングル・ウォッチャー」制度を作りましょー^^
見たい作品があるけど、ひとりで行くことに抵抗を感じ、諦めてしまう人を救うのです!

具体的な内容は特に考えてないですけど、満員の時のグループとグループの間の席を埋められれば映画館側として良いことでは…?
その分値下げなどしてもらえれば…|д゚)

あとは街コンならぬひとり映画愛好家を集めた映画コンとか…!(笑)
と思って、調べてみたらもう実際にありましたΣ(・□・;)
実際に行われていた映画コンが気になる方はコチラ

もし本当にシングル・ウォッチャーが実装されて、特典などがついたら
『シングル・ウォッチャーを装って中で合流』
みたいな悪知恵を働かす人が出てきそうですが(;^_^A

仲間の声!

ひとり映画を楽しんでいる仲間はいます!ツイッターを見てる限りでは、まだ多くはなさそうですが…(笑)

Twitterを見ていて思いましたが、「思いっきり泣ける」というのも大きなメリットですね♪

スポンサーリンク

ひとり映画の味方。

1番手軽で身近な「ひとり映画」家での映画鑑賞だと思います!
そんな時にオススメなのが動画配信サービス!家にいながら映画・ドラマ・アニメを鑑賞できます♪

ボクがオススメしたい動画配信サービスはU-NEXTというサービス!

U-NEXTについて
・U-NEXT
・月額料金1990円(税別)
・見放題作品140,000本。雑誌・動画(キッズ~R18動画・アニメなど)と幅広いコンテンツ量。
・最大4つのアカウントを持てるので、皆でシェアすれば1人約500円!

・毎月1200円分(無料体験入会時は600円分)のポイント。有料作品に利用可能。
現在31日間の無料トライアルをしていますので、U-NEXTが自身の好みに合うサービスか確認してみてください^^
31日以内に解約すれば、絶対に料金は発生しません!

〈わずか3分で簡単に登録できます♪〉

U-NEXT

U-NEXTについて詳しく知りたい方はこの記事!
CHECK!【VOD/動画配信サービス】実際に利用した感想と比較!

【VOD/動画配信サービス】実際に利用した感想と比較!

2019年10月31日

みんなで見るのも楽しいよね…(笑)

ひとり映画を熱弁してきましたが、みんなで見る映画も楽しいですよね(笑)
会場全体が笑いに包まれたり、歓声が上がる時などは完全な「独り映画」じゃなくて良かったな…なんて思います(;^ω^)

特に応援上映や4DXみたいなお祭りみたいな上映方式は、歓声を上げながら鑑賞するのが楽しいです!

上手くバランスを取りながら映画鑑賞をしていきたいですね♪

それでも基本はひとり映画ですけどね♪
でも、なにかあった際は声をかけてください…!Σ(゚Д゚)オイッ
映画に関して色々記事を書いてます!
CHECK!【オススメ!】結婚する前に見ておきたい恋愛映画4選!

【オススメ!】結婚する前に見ておきたい恋愛映画4選!

2019年2月25日
CHECK!【オススメ!】人生を変えてくれた青春・恋愛映画4選!

【オススメ!】人生を変えてくれた青春・恋愛映画4選!

2019年8月2日
CHECK!絶対に騙される!どんでん返しのある映画を紹介!
どんでん返しのある映画

【オススメ!】どんでん返しのある映画6選!きっと騙される…

2019年11月9日


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です