【オススメ!】人生を変えてくれた青春・恋愛映画4選!

今回はボクの人生を変えてくれた青春・恋愛映画を4作品紹介したいと思います。
人生を変えるきっかけはきっと人それぞれ千差万別だと思います。
ボクにもたくさんのきっかけがありました。

そんなたくさんのきっかけの中の1つが
今回紹介する4作品に出会えたことです。

この4作品に出会っていなければ
勇気が足りず、出来なかった選択があったと思います。

今回紹介する4作品
・【アニメ版】恋は雨上がりのように
・シング・ストリート 未来へのうた
・ミッドナイト・イン・パリ
・アバウト・タイム 愛おしい時間について

「恋は雨上がりのように」だけ
映画じゃなく、アニメとなっていますがご了承くださいm(_ _)m

今回紹介する作品を見てもらえれば
・今なにか新しいことに挑戦したい人に勇気を
・日々の暮らしに満足できていない人に安心を
与えてくれると思います。
補足
目次を用意しているので、関心のある項目に
飛ぶこともできます^^
ご利用ください。

スポンサーリンク

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように
(C)眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。
海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。
胸が熱くなる瞬間を、本当は誰だって待ってる–。

恋は雨上がりのように」公式HPより引用

「恋」ではなく「愛」のお話

2人の物語の最後はご自身の目で。

「恋は雨上がりのように」について書くと結構な量になってしまうので

恋は雨上がりのように オススメ

アニメ『恋は雨上がりのように』感想とオススメしたい5つのポイント!

2019年8月3日
こちらで詳しく解説しています!
気になる方はぜひ読んでみてください!

「一見女子高生がおじさんを好きになってしまった恋物語」と思われるかもしれませんが、「恋は雨上がりのように」は「恋」のお話ではなく、「愛」のお話だと思っています。

物語冒頭の女子高生「あきら」から店長「近藤」への思いは「恋」なのですが、物語を通じて2人の間に紡がれていくものは「愛」だと思っています。

店長はあきらを通して
自分の存在を肯定できるようになります。
自分の言葉が他人を動かす、他人の人生に影響を与えることが出来る。
社会の中で自分の存在価値を見出せなかった店長はあきらとの関わりを持つことで、自分自身を認め、見つめなおしていきます。

あきらもそんな店長との関わりを通して
自分自身の思いや夢と改めて向き合っていきます。

2人の間に下心なんて全くありません。
お互いがお互いを尊重しあい、尊敬し、成長しあえる関係。

綺麗で丁寧な心理描写や
心に響く言葉が
2人の物語に彩りを加えていきます。
恋愛の枠に留まりきらない視聴者へのメッセージ。

そんな2人の物語の終着点は
ぜひご自身の目でご覧ください^^

人生についてなにか思うことがある人なら
学生でも社会人の方でも
きっと胸を打つ作品だと思います!

 

 

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート
(C)2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。
父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。
音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。
慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

Filmarks作品あらすじより引用

あまり大きく広告はうたれず
公開規模も大きくなかった作品ですが、とても評判のいい作品です!
野外映画ではよく取り扱われていました^^

監督ジョン・カーニーの青春時代も描いた作品で
監督が出来なかった青春時代を描いています。
作中では女の子に声をかけてますが
実際は声すらかけられなかったそうです(笑)

なので、ほぼほぼ監督の妄想の作品^^
『歌もこんなに上手く歌えなかったよ』
なんて発言もしていました(*^-^*)

お話もそうなのですが
まず歌が最高なので、その時点で超オススメです!

真っすぐな少年コナー

主人公コナーが夢に向かって、突き進んでいくお話です。

『「ここではないどこか」を求める。』
これはどの映画でも、どの人の人生にも共通しているテーマだとボクは思ってます。

コナーは両親の離婚に学校でのいじめなど恵まれない環境下におかれますが、大好きな音楽を通して、成長し、現状を打破していきます。

最初はその真っすぐさにひいてしまった自分がいたのですが、何回か見るうちにその真っすぐさに勇気をもらっている自分に気づきました。
むしろ他人の真っすぐさを
受け入れられなくなっていた自分に気づき、失望する時もありました。

Rock’n’ Roll is risk.Risk is being ridiculed

コナーが音楽のアドバイスを求めて
兄であるブレンダンにアドバイスを求めた際に言われる言葉です。

好きな女の子を口説くため、既存の曲をコピーして兄に聴かせた所
『他人の歌で口説くな、オリジナルの歌を作れ』
と言われ、コナーは
『オリジナルなんてまだ下手で作れない』
と伝えたところ、ブレンダンはこの言葉を言います。
直訳すると
ロックンロールはリスクだ。リスクっていうのは馬鹿にされること』

これを聞いたとき
『なにか挑戦をするとき、周りから笑われることを恐れるな』
と言われた気がして、勇気をもらいました。

『HAPPY SAD 悲しみの中で喜びを見出す』

作中『愛ってなんだろう』という話を意中の相手「ラフィーナ」とするコナー。

そこでラフィーナはこの言葉を言います。
『HAPPY SAD 悲しみの中で喜びを見出す』
ボクは
『悲しみの中ですら喜びを見出せること。それが自分にとって大事なモノ』
だと理解しました。

これはモノに限らず、人でもいいのだと思います。

・『どんなに「今」が辛くても、ある人を思えば頑張れる。』
・『どんなに辛い状況でも、これをやってる時は幸せ。』

実際コナーも作中で一番辛いであろう時に、一番完成された演奏をします。

この言葉を知って
ボクは辛い状況にいる自分を少し肯定できるようになりました。

もちろん辛いものは辛いんですけど
「辛い状況だからこそ見えるもの・感じられるもの・実感できるものがきっとあって、きっとその過程で『本当の愛』を見つけられるんじゃないか?」
なんて思えるようになり
少しの希望を持って、辛い状況を生きていけるようになりました!

音楽も最高、その音楽を通して得られるメッセージも最高。

「歌はいいけど、ストーリーがイマイチ。」
「メッセージはいいけど、劇中の曲がイマイチ」
なんて作品はあると思います。現にボクも思いつく作品がチラホラ…(笑)

ただこの「シング・ストリート」は両方を兼ね備えた作品だと思います!
まっすぐな勇気をもらいたい方…ぜひ見てみてください!



ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ
(C)2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

アカデミー賞とゴールデングラブ賞で脚本賞をW受賞したウディ・アレン監督・脚本作品。
売れっ子脚本家のギルが、1920年のパリにタイムスリップした先でヘミングウェイやピカソなどの偉人たちと出会うロマンティック・コメディ。

Filmarks作品あらすじより引用

脚本力!

アカデミー賞とゴールデングラブ賞で脚本賞を受賞した本作!
その脚本の内容・展開こそが大事なので
他の作品と違い、内容に触れられません(笑)

『深夜のパリで突然タイムスリップして、ヘミングウェイ・ピカソ・ダリなど過去の偉人に会う』
こんなとんでも展開のお話のオチは一体どんな風になるんだ!?
なんて、思って見ていた記憶がはっきり残っています。

内容に触れられないので、細かく説明してオススメできないのが心苦しいです。
でもアカデミー賞取ってることが
なによりのオススメできるポイントだと思います(*^-^*)

この作品を見終わった時
不満ばっかりの今を少しは肯定できるようになってると思います^^
あと雨がちょっと好きになります…♪



アバウト・タイム 愛おしい時間について

アバウトタイム

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。
イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、ずっと恋人ができずにいた。
21歳の誕生日に、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父親から知らされたティムは、恋人を得るためタイムトラベルを繰り返すようになり、やがて魅力的な女性メアリーと出会う。
しかし、タイムトラベルが引き起こした不運によって、その出会いがなかったことになってしまい、再び時間をやり直したティムはなんとか彼女の愛を勝ち取るが……。

Filmarks作品あらすじより引用

「今」を否定するタイムスリップで見えてくる「今」というもの。

これも「ミッドナイト・イン・パリ」と同じ「タイムスリップ」モノ。
タイムスリップが出来る理由については全く触れられず、そういうものとしてお話は進みます。
この作品は、そこが大事な話ではないので気にしてはいけません。

これもまたお話の内容や展開が大事なので
詳しくここがどうだこうだというオススメの仕方ができません(;^ω^)

大切なことはタイムスリップができる主人公ティムは、このお話の中でなにに気づくのかということ。
ティムが気づくもの。それがボクたち観客にむけられたメッセージ。

『タイムスリップ』という『今』を否定する行為によって、見えてくる『大切なモノ』とは一体なんなのか。
『今日を生きることが好きになる』の意味とは…(*^-^*)

この作品を見終わったとき、きっと
今日という日が昨日よりも好きになっていると思います♪



ボクの背中を支え、押してくれる作品

いかかでしたか?
今回紹介した作品がボクの人生を変えてくれた作品です!
もちろん見る映画のほとんどが
ボクの血となり肉となってくれています。
(中には毒にも薬にもならない作品もあったり…笑)

その中でも強く影響を与えてくれた
この4作品を選ばせてもらいました。

この作品との出会いがきっかけで
弱い自分が「強くあろう」と願うようになりました。

この作品がより多くの人に見られ
より多くの人のなにかのきっかけになれば嬉しく思います^^

今回させていただいた4作品は
Amazonプライム会員の方なら、全て無料で見られます!
ボクは会員ですが、大切な作品なのでBDで揃えてあります^^
人生を変えてくれた4作品
もしまだAmazonプライムの会員になっていない方は
Amazonプライム会員登録
こちらから登録できます!
30日間の無料体験をしていますので
今回の作品を見て、30日以内に解約すれば無料で見れます^^

やり方がわからない人はこちらの記事で説明しています^^

また、この本田圭佑さんが出演されている「CAFE SURVIVE」という番組にも刺激をもらいました!
cafe survive サムネイル

本田圭佑の名言たくさん!『CAFE SURVIVE』

2019年6月16日

なにかまとめたいテーマが出てきたら
自分なりの観点で記事にしたいと思います!

おわり^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です