インスタ始めました!オススメ映画紹介中!

【映画館離れ?】オンライン配信で劇場公開作品を見た感想!


コロナの影響で取り沙汰されることが増えた映画の劇場とネット配信の同時上映。

社会的にも色々な会社で問題にもなっていますが、個人の問題としても「映画館で見るべきなのか?それともネット配信で済ませてもいいのではないか?」など意見が分かれるところだと思います!

本記事では人生で初めて劇場公開中の作品をネット配信で見てみた経験を踏まえて、ネット配信と劇場鑑賞のそれぞれのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います!

結果だけ先に言うと

ネット配信でも全然楽しめるけど色々踏まえると映画館…!

色々が気になる方は、ぜひ最後まで読んでいってください♪


スポンサーリンク



視聴環境!

 視聴作品!

視聴作品はブラックウィドウ!

・2021年7月8日に劇場公開。

続く

・2021年7月9日にディズニーの動画配信サービス「ディズニープラス」で配信上映。

がされました!

コロナの影響もあるのでしょう、劇場公開とネット配信が1日ずらしのほぼ同時公開がされました。この件に関しては色々問題になっているのですが、そこは後で触れたいと思います!

気になる料金は

2,980円(税込3,278円)

これに更にディズニープラスの月額利用料金税込770円が乗っかってきます。

 視聴環境!

視聴環境に関しては僕の視聴環境についてまとめた記事もあるので詳しくはそちらを読んでいただければと思うのですが、ここでも簡単にまとめておこうと思います!

視聴環境
・テレビ:4K対応の50型
・音響 :ONKYO BASE V-20 5.1chサラウンド
・デバイス:AmazonFireTVStick 4K
こんな感じになっています!

普通の人からしたら拘っている方かと!映画館には遠くは及びませんが、なるべく映画館に近い環境で見ようと思い、色々購入をしました。

ホラー映画とかをみるとこの音響システムがかなりいい仕事します…(笑)

ただディズニープラスの方で4K対応しておらず、サラウンドも2.1chとなっているので本領は発揮できない環境での視聴にはなってしまいました。

良かった点!

 思い立った時に見れる!

やっぱりこの点が配信視聴の最大のメリットかと思います!

今回僕がブラックウィドウを視聴するに至ったのも、この「思い立った時に見れる」点が大きかったですね。というのは

1・「時間あるなら何か映画見たいなぁ…」と思う
2・ディズニープラスで適当に検索開始。
3・ブラックウィドウが配信で観れることに気づく。
4・映画館派だけど映画館まで行く気力も時間もない。

こんな気持ちの流れで視聴に至ったからです!

この「見たい!」って思った瞬間に見れちゃうのはやっぱり便利♪

映画館に見に行く際は

・時間のスケジューリング。
・身なりを整える。
・映画館への往復時間。

など、色々と手間をかけないといけない部分が出てきますからね。

現に僕はブラックウィドウ視聴の際は、寝間着/寝ぐせボサボサの状態で視聴してました♪

 いつでも止められる!

この点も配信ならではですね!

映画を見てる際どんなに集中してみていても「え?どういうこと?」ってなっちゃう時があるんですよね。

洋画の時だと登場人物の名前と顔がゴチャゴチャになっちゃったり…。

そういう時にネット配信なら一時停止したりなんなら巻き戻して状況整理が出来ちゃいます!

その他にもトイレ問題!

映画館だと尿意を催した場合は「我慢する」or「見逃すのを覚悟で一旦退出」しか選択肢がありませんが、これもネット配信なら一時停止をして用を足してから万全の状態で見逃すことなく視聴が出来ちゃいます!

個人的な話だと英語学習をしているので「今なんて言ったの?」って気になった瞬間にちょっと巻き戻して確認できちゃうのも利点だったりもします(笑)

 何度でも見られる!

映画館でももう1回料金を払えば見れますが、配信の場合は文字通り時間の許す限り何度でも視聴できます!

僕なんかは映画視聴が終わった後、レビューサイトやライムスター宇多丸さんの映画批評を聞くまでが映画視聴の楽しみになっています。

そのレビューや批評の中で「こんな演出が良かった!」「こんな伏線が張られてました!」みたいなものが会った時、ネット配信ならいつでもどこでもその場でそのシーンが可能!

ちなみにブラックウィドウに関しては2021年の10月から見放題作品になるみたいなので、公開から約3カ月待てば今まで言及してきたメリットを追加料金なしで享受できちゃうんですけどね…(笑)

 劇場作品を自宅で見ちゃってる優越感…

ブラックウィドウを見てる時には気づかなかったのですが、後にこの時期に同じくプレミアム配信されていた「クルエラ」を一般配信後に視聴した時にこの「優越感」という気持ちに気づきました。

クルエラ

クルエラもプレミアム配信をしていた作品なので、基本的にはブラックウィドウと同じ気持ちでの鑑賞になるはずなのですが

皆が劇場でしか見れない作品を家で一足早く見ちゃってる…!

この優越感というかちょっと悪い事をしてる感覚があると、違いますね!(笑)

これがあるとちょっとテンションあがります♪

悪かった点!

 いつでも止められる!

メリットでも挙げた「いつでも止められる」という点。この点はデメリットとしても作用してくると思います。

映画館は「映像を絶対に止められない」環境での視聴になります。

その「絶対に止められない」「流れてくる映像や事実を絶対に受け止めなければならい」という状況が映画体験に大きな効果をもたらすと思っています。

例えば

・殺人鬼に追われているシーン

こんなシーンでも

・登場人物の「逃げたいけど逃げれない」というどうしようもない心理。

・僕達観客の「映し出される映像を受け止めるしかない」という心理。

が合わさって1つの映画「体験」に昇華していきます。

これをもし緊張の頂点になるシーンで止めようものなら、それは劇中の襲われている登場人物が

「ちょっと待って!もうちょっと落ち着いてから襲ってきて!」

って言ってるようなものだと思います(笑)

爆弾のカウントダウンシーンなんかでも

・「爆弾の時間を止められない」という登場人物の気持ち。

・「成す術なく強制的に映像を見せられてしまう」観客の気持ち。

この2つが共鳴するからよりよい映画体験になると僕は思います!

 高い…!

料金が高い…!

視聴環境の所でも言及しましたがディズニープラスのプレミアアクセスの場合

2,980円(税込3,278円)

が月額料金とは別に必要になります。

映画館なら大人でも1,900円IMAX上映で見ても2,500円~2,600円程度で鑑賞できますからね…。

さらにこのディズニープラスの料金で

・4K対応されてない。
・5.1ch対応されてない。

のオマケ付き。

ネットフリックスやアマゾンプライムやU-NEXTでは4Kや5.1ch対応されてる作品結構ありますから、3,000円の追加料金を取るならそれなりのクオリティでの配信は期待したいですよね…

ちなみにIMAXレーザーの場合は

・4Kのツイン映写
・12.1chサラウンド

となっています!

 迫力は物足りない!

最大のデメリットはやはり迫力の足りなさ!

家での鑑賞でもそれなりのサラウンドシステムがあったおかげで十分楽しめたのですが、ことブラックウィドウに関してはIMAX用の映像もあったとのことなのでその差はもの凄かったと思います!

僕自身見比べたわけではありませんが、今まで「ULTIRA上映とIMAX上映」「T-LEX上映とIMAX上映」など上映方式の違いを見比べてきていると想像できます。

IMAXに関して言えばハイクラスとされるULTIRAやT-LEXなどの上映方式と比べてもその差は歴然だったのに、僕の家のなんちゃって映画館とIMAXと比べた日には…。。

しかも料金だけで言えばIMAX上映の方が安い…!(笑)

特にブラックウィドウの後半の空中のダイブシーン!

このシーンとかIMAXで見たかった…

このシーンは家で見ていても「これIMAXだったらえぐいだろうな…」とIMAXで見なかったことを後悔…

IMAXの画角で撮られている作品をIMAXで見るのか、それともIMAXでない映画館で見るのか。

その差を他の作品で痛感しているからこそ、今回家で見た時の迫力への渇望は大きいものとなっていました。

 ネット配信 vs 劇場公開

コロナの影響で一気に取りざたされることが増えた「ネット配信と劇場公開の関係性」

アメリカでは劇場公開から配信リリースなどのホームエンターテイメントでの二次使用まで一定の期間を設けることで映画館側の利益を保護するものがあります。

これが約3カ月の期間あったのですが、これに関してはコロナ前より短縮すべきという声が上がっていました。

しかしこのコロナの影響でそれが加速し、ブラックウィドウに関しては劇場公開の次の日には配信で観れちゃう事態にまでなりました。

これは別段海外だけの動きではなく日本でも山崎賢人さん主演の「劇場」が劇場上映と同時にAmazonプライムで有料配信をさせたりもしています。

今回鑑賞したブラックウィドウに関しては、主演のスカーレット・ヨハンソンが契約内容では同映画が劇場公開のみとなっているにも関わらずディズニープラスで同時公開したことは契約違反と指摘し、ディズニーを相手に訴訟を起こす事件なども発生しています。

この事件に付随して、ブラックウィドウは配信されることで海賊版の上映が横行し、現在最も違法視聴されている映画となっているそう…

色々な問題が出てきていますが、今後ネット配信と劇場公開の関係にはアンテナを張っていきたいです!

Twitterでの反応!

配信も意外と楽しめる!だけど、やっぱり映画館…!

本記事のまとめ!
ネット視聴のメリット、デメリット
メリットデメリット

いつでも見れる。

視聴までの手間がかからない。
(その場で見れる等)


トイレの心配が要らない。

料金が高い。
(税込3,278円)
※ディズニープラスの場合

映画体験としてのクオリティは低い。
(迫力がない、緊迫感がない)

初めて劇場公開作品をネット配信で観てみましたが、映画自体は普通にワクワクドキドキしながら鑑賞できました!

これは単純にブラックウィドウの作品としての力もありますし、個人的にはサラウンドシステムの存在が大きかったと思います!

音に迫力があると違いますね!

ただ3,000円を越える料金(ディズニープラスの場合)その価値があったかと言うと難しい所ではあります。IMAX鑑賞の方が安いならまだしもIMAXより料金が高いのならIMAXで見たくなっちゃいます。特にブラックウィドウのような作品の場合。

それでも「気が向いたときに見れる」「移動をせずに見れる」等が大きな価値基準になる人もいると思うので、人によると思います。としか結論付けれません(笑)

僕個人としては両者の料金やメリット、デメリットを鑑みてみると

映画館で映画を「体験」しに行きたい気持ちの方が勝りました。アクション系の映画の場合は特に!
あとIMAX用の映画はやっぱりIMAXマスト!

ただ基本怠け者の自分なので、ケースバイケースで上手く良いとこどりをしていきたいと思います(笑)

コチラも読まれてます!

シェアお願いします♪



YouTube始めました!
CH名:『素人英語』

字幕なしで映画が見れるようになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ココにコード