【グランドシネマサンシャイン】フラットシートの感想!感じた3つのコト!

グランドシネマサンシャイン フラットシート

グランドシネマサンシャインにある
スペシャルシートの1つ【フラットシート】を体験してきました!

グランドシネマサンシャインには
様々な上映方式だけでなく、様々なシートが用意されています♪

既にグランドシネマサンシャインに行かれた方は、シアター入ってすぐの最前列に設置されているフラットシートを見て、興味を持たれた方も多いと思いますΣ(・□・;)

今回は今後フラットシートでの鑑賞を考えている方の参考になるよう、フラットシートを体験してきて感じた3つのコトを書いていきたいと思います!
もちろんフラットシートを初めて知った方のために、フラットシートの説明も最初にしていきます♪

この記事でわかること
・フラットシートについて
・フラットシートで鑑賞して感じた3つのこと

鑑賞作品は『天気の子』
IMAXレーザー/GTテクノロジーでの鑑賞となります!

『天気の子』は『最後列』のグランドクラスで鑑賞したり、IMAXレーザー/GTテクノロジーの感想記事も書いています!

それではよろしくお願いいたします!
補足
目次を用意しているので、関心のある項目に
飛ぶこともできます^^
ご利用ください。

スポンサーリンク

フラットシートについて

フラットシートとは


フラットシートとは
グランドシネマサンシャインに
設置されている特別なシートのうちの1つです。
IMAXシアターを含むシアター3・5・6・11・12の最前列に設置にされており、寝ながらの鑑賞を可能にしているシートです!

1人のスペースが大きめに作られていて
両肘が隣の人と干渉しあわないのが、地味に嬉しいです^^

料金

スペシャルシート料金

・プレミアムクラス
 ※ミールクーポン700円分含む。

通常料金 + ¥1,500

・グランドクラス
 ※ミールクーポン1,200円分含む。
通常料金 + ¥3,000
・フラットシート追加料金なし
気になる料金ですが
スペシャルシートの中で唯一追加料金のない設定になっています!

最前列の席というと『見にくい』印象があり
それを解消するためのシートとして設置されたと思われます。
ここでまた追加料金が発生したら
『最前列の空きを解消する』という目的が薄れてしまうので、この料金設定には納得です!

その他料金・説明は別の記事で詳しくしています!

フラットシートの感想。感じた3つのコト。

グランドシネマサンシャイン フラットシート
フラットシート
注意
今回の感想はグランドシネマサンシャインの日本最大といわれるIMAXのスクリーンをフラットシートで鑑賞した感想です!
他のシアター内でのフラットシートでの鑑賞とは、感覚が違うものになると思います!

やはり見辛い…

巨大なスクリーンを最前列でみる。
『フラットシートなら快適に見れて迫力もあり、もしかしたら穴場の席かもしれない!』
と思って鑑賞しましたが、まだ見辛かったです。。。

確かに寝そべった形で鑑賞できるので
首を上げてみることへの負担は軽減されていますが、鑑賞するスクリーンは日本最大のスクリーン。
それでもまだ首を上げないと見れなかったので疲れました(;^_^A

なので、IMAXシアターに関して言えば
もうちょっと寝そべった形を取れる角度だと良いなと思いました♪
リクライニング付なんてベスト^^

 

また画面が大きいので
画面映像の情報を得るために視線を
右から左、上から下まで移動させなくてはいけないので大変です。

画面中央に情報が集まっているシーンや
天気の子でいうと
都会の風景映像や開けた空間の描写シーンなどはまだ見やすいです。

しかし、新聞に描かれた文章を読まなくていけないシーンは文章を読むので精一杯か、文章も読めなかったりしたので、情報量の多いシーンの鑑賞には向いていなかったです。

他の記事でも『没入感』
ああだこうだ言ってるボクですが、没入感もそこまで…(;^_^A
没入感より色々な負担のほうが大きかったです。

周りにもフラットシートで
鑑賞している方もいたのですが、皆さん姿勢を変えながら鑑賞されてました。
ボクも姿勢を変えて鑑賞しないと疲れが。。
逆に姿勢を変える十分なスペースがシートにあるのは良い点ですね!

字幕作品・3D作品は避けたほうが良さそう

上記にもしましたが
画面の情報量が多いとおそらく情報を受け取り切れません。

なので、字幕作品はオススメできません。
予告の字幕作品を見ただけですが
字幕を見るときに通常なら俯瞰で一気に字幕が視界に入り把握できると思います。

フラットシートからの距離感ですと
字幕を読むために視線を左から右に
いちいち移動させないと字幕が視界に入ってきません(笑)

これだと字幕を読むので精一杯で
映像のほうに意識を割けません。

また3D作品だと更に視界が狭まるので
憶測でしかないですが、より負担が強くなると思いますΣ(・□・;)

これがさらに【1.43:1】のアスペクト比の【3D】作品を鑑賞することになったら…(;^ω^)
IMAXのアスペクト比等についてはこちらで説明しています。

IMAXの違い

【IMAXとは?】IMAXデジタル・IMAXレーザー・IMAXレーザー/GTテクノロジー それぞれの違い!

2019年7月24日

なので、鑑賞するなら
日本の作品・洋画なら吹替版での
鑑賞にするのがベターだと思います!

ちなみにフラットシートの列の真ん中2つは車いすの方専用なのですが、車いすの方はフラットシートですらない鑑賞になるので、ものすごい首が疲れそうだなと思いました。
『もうちょっと後ろのほうに席を用意してあげられれば良かったのにな』なんて余計なおせっかいですが、そんなことも思いました。
動線的に難しかったと思いますが(;^_^A

音響の響きは凄かった!

スクリーンから距離が近い分、音響の力は凄い伝わってきました!
大きい音がなるシーンなんかはシート全体が揺れて、4DXの鑑賞をしている感覚で凄かったです^^
またシートは広くて快適でした!

4DX with Screen X サムネイル

【4DX with ScreenXとは?】鑑賞した感想や違い。思った4つのコト

2019年7月30日

色々言ったけど、一度は体験するといいかも。

今回はあまりいいことは言えなかったですが、一度は体験してみるのは良いかと思いますよ♪
『日本最大のスクリーンを最前列で寝そべって鑑賞する』なんてなかなかないですよ^^
料金も追加料金はないですし
日本最大を最大限に感じられる上映方式!

初めて見る作品だと
お話の理解に支障が出てくると思いますので
2回目以降で変化を加えて見たい時が良いと思います!
ボクも敢えて2回目の『天気の子』にしました(笑)

また違うシアターでのフラットシートも体験して、しっかりとしたフラットシートの体験記事にしていきたいと思っています。

とりあえず今回は

・『日本最大のスクリーン』
・『最前列』

・『フラットシート』

 

見た感想をお伝えしました!

天気の子については、こんな記事も書いてます!
天気の子オーケストラコンサート

【天気の子・オーケストラコンサート】の日程を『君の名は。』から予測!

2019年8月1日

おわり^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です