【月間26万PV達成】映画ブログの書き方と稼ぎ方!


2019年に映画ブログを書き始め、2022年6月のPVが26万を越えました!

3年間のんびりとですが、続けてまた1つ壁を越えれた気がします。

本記事では月20万PVを達成するために意識している事や記事の書き方を紹介したいと思います!

・映画ブログを始めようと思っている
・映画ブログでのお金稼ぎ方を知りたい

・ブログのアクセス数が伸びなくて困っている

なんて方は映画ブロガーに限らず読んでもらえると、今後のブログの運営の参考になると思います!


スポンサーリンク


実績


これから月20万PV達成した男として色々ノウハウを書いていくのですが、信頼の担保の為に実績を載せたいと思います。

どの程度の人間のノウハウなのかの判断基準にしてもらえればと思います!

 月20万PV達成

1ヶ月26万PV


上の画像はアナリティクスの画像になります。

1ヶ月のPVが26万を超えました。

実は以前も「鬼滅の刃」の劇場公開時にトレンドに乗っかって20万PVを越えたことはあったのですが、今回はコンスタントなPV数で20万を超えることが出来ました。

ほとんどが検索からの流入なので、SNSでフォロワーが少ない人でも達成は可能です。

この20万PVを超えるためにした事を紹介したいと思っています。

 報酬も月20万越え

単月報酬20万

上の画像はあるASPさんからの報酬になります。

画像のみだと19万円と記載がありますが、その他のASPさんからの報酬やアドセンスの報酬もあるので月20万円達成しています。

ただトレンドに乗っかった部分もありますし、言っても20万円程度なので、お金の稼ぎ方についてはこの記事では稼ぐ方法の紹介程度にとどめたいと思います…!


スポンサーリンク


映画ブログで20万PVを達成したポイント


ここからはブログでアクセスを稼ぐうえで大事な「マインド」の部分について紹介したいと思います。

色々なテクニックも後々紹介しますが、まずはボクがどんな心構えでブログ書いて、アクセスを増やしているのか知って欲しいと思います!

 王道の「レビュー記事」を避ける


ポイントとなるのは

需要はあるけど隙間となっている分野を狙う

です!

おそらく「映画ブログ」と聞くと多くの人が「映画のレビュー記事を書くブログ」を想起すると思います。

ここの分野は言うなれば

需要はあるけど王道の分野

僕自身も普段から他人のレビューを読むのが好きで、ライムスター宇多丸さんのムービーウォッチメンとか毎週聞いています。

「この人のレビュー記事凄いな…」

って思う人のレビューは物凄くレベルが高くて、その猛者たちの中から自分の記事を読んでもらうほどの自信はありませんでした。

またレビュー記事はトレンド性が強そうな事もレビュー記事を避けた理由になります。

ずっとトレンドを追って記事を書き続けることは自分の性格上出来ないと思っていましたので、1度書いた記事が5年後も10年後も読まれる仕組みにしたかったのです。

そんな中でたどり着いたのが「映画の”上映方式”についてレビュー記事」でした。

実際に「○○(ある上映方式の名前) 違い」などで調べれば違いに言及した記事は出てくるのですが、単一のサイトで全てを網羅している所はありませんでした。

なので「”日本にある全ての上映方式を網羅したサイト”を作ることが出来れば、そのサイトは有益なサイトになる」と思い記事を作成開始。

結果上映方式の記事が20万PVのほとんどを稼いでくれるブログとなっています。

こんな感じで他と被らない分野を見つけることが出来れば、競合することなくポジションを取れることが可能です!

 自分の「知りたい」を満たす


自分が攻めるべき分野が分かったので、今度はその”内容”

これは自分自身が映画が好きなので、自分が映画を見る上で疑問に思う事、映画館を選ぶ上で迷う事を盛り込むようにしました。

この自分が「知りたい」と思う事を満たせる記事内容にできるよう意識をしました。

上映方式の記事なら見比べた感想はもちろん、”値段の違い”や”どこで見れるのか”、感想も自分の意見だけだと偏りを感じてしまうので”SNSの意見を盛り込む”等、色々試行錯誤をしました。

その分野に興味がある自分の欲求を満たせば、多くの人の欲求も満たせる記事になると思います。

なので、基本的に自分の好きな分野のブログにするのが良いと感じます。自分の好きな分野ならその分野の知識もあるし、興味があれば「知りたい欲求」も自然と出てくると思うからです。

そしてその分野に精通していれば

「これについて記事があれば便利だなぁ…」

と言った形でブログのテーマも思いつけることも!

 「自分の記事が1番!」からが勝負


恐らく全く新しいジャンルの記事を書き始める人は少なく、多かれ少なかれ既に競合がいる内容の記事を書き始める事になると思います。

後発の自分が既に検索上位の相手に勝つ為の心構えは

「自分の記事が1番!」

と思える記事に仕上げることだと思っています。

「自分の記事が1番詳しい!自分の記事が1番わかりやすい!」

そう思える記事を書いて初めて、検索1ページ目に乗る為の“土俵”に乗れます。

逆にそれくらいの記事を書かないと土俵にも上がれません。

その上でドメインパワーなどの複雑な要素が絡まって検索1ページになるのか、それとも検索1位に表示されるのか決まってきます。

正直ここを分かつポイントはボクも分かりません。

僕自身も

「この記事より絶対自分の記事が良い!」

と思っていてもその記事より検索順位が低い事があります。

そんな不確定要素の多い環境下で自分自身が出来る事は

「自分の記事が1番!」と思える記事に仕上げることなんだと思います。

 続ける/積み上げる


当たり前ですが「続けること」が大事です。

ボクの月20万PVも1記事で稼げているわけではありません。300記事の総力戦で20万PVに届いているのです。

1記事1記事積み上げていく事で自分のサイトのパワーも上がっていき、アクセス数は増えていきます。

よく「とりあえず100記事書け!」と言われていますが、ボクの場合は50記事くらい書いてみるのを目標でも良いのかなと思います。

おそらく50記事くらい書くと「アクセスが来る喜び」を感じられると思いますし、「このジャンルの記事は伸びる」と言った事がわかるようになると思います。

それらが「次の50記事」の新しいモチベーションになるのかなと。

 量より質


よく「毎日記事を上げろ」と言われますが、ボクはそこが本質ではないと思います。

なにより大事なのは「その記事の有益性」

「記事を上げる」事が目的なのではなく、「有益な情報を発信する」事が目的であるべきだと思います。

ボクもブログをやり始めた当初も「毎日記事を上げる」方法はよく耳にしましたが、本質ではないと思い、今も昔も量より質を重視した記事作成を心掛けています。

もちろん「毎日有益な記事を上げる」事が出来るならそれが1番だと思いますが、毎日投稿をしないとPVは稼げないわけではありません。

少なくともボクは月に20万PVを稼げるようにはなれています。

なにより「毎日投稿」に縛られて記事を書く事が苦痛になり、辞めてしまう事の方が問題だと思います。

1週間に1度でも2週間に1度でもいいので、有益な記事を上げ続けることが大事です。

 

 みんなの意見!


スポンサーリンク

ブログのキーワードの選び方


ここからは実際にボクが記事を書く時のキーワードの選び方を紹介したいと思います。

ここめちゃくちゃ大事です!

完全に自己流になりますので、そこはご承知を。ただこの書き方で月20万PVを達成したのも事実です…!

先にポイントだけ紹介すると

記事作成の流れ
・キーワードを探す
・ボリュームチェック
・競合チェック
・見出しから決める
以上になります。

ここに後は意識しているポイントを補足として付けたいと思います!

 何でもいいからキーワードを探す


まずは何でもいいのでタイトルに出来そうなキーワードを考えて下さい。

この時点ではなんでもいいです。

PVを狙う上で大事なのは次からになります!

 キーワードプランナーでボリュームチェック


PVを狙う上で重要なのが「ワードのボリュームチェック」

ボリュームチェックというのは、その検索ワードがどのくらい検索されているかチェックする事。

いくらその事について書きたいキーワードがあってもそのキーワードが検索されなくてはその記事に読者の方は辿り着いてくれません。※SNS等で膨大なフォロワーが要る人は別。

逆に多すぎても競合は強すぎて、こちらも読者の方はあなたの記事にたどり着いてくれません。

狙うのは“隙間になっているキーワード”

その検索ツールは色々あると思いますが、ボクはキーワードプランナーをというのを使ってます。無料なのでまずは試してみて下さい。

キーワードプランナーに行くと


上のような画面が出てくると思います。

左の「新しいキーワードを見つける」から自分の書きたいキーワードを入力して、検索数を調べるという流れになります。

ちなみにこの記事も自分の20万PV達成のノウハウのアウトプットが目的ではありますが、どうせなら検索も狙おうと思って、キーワードをちゃんと狙ってます!

当初は「映画ブログ」が思いついたキーワードなのですが、検索ボリュームを調べてみると…

「映画ブログ」のボリューム


この「1000~1万」のラインはボクにとって上位を狙うハードルが高め。

何個かはこのボリューム帯で上位を取れてる記事もありますが、基本的に狙うのはもう少し下のライン。

と言う事で、キーワードを加えて

「自分が書けそう」かつ「ちょうどいいボリューム帯」

を狙います。よく巷で聞く「ロングテールワード」ってやつですね。

すると

もう少し絞り込んだキーワード

こんなキーワードのサジェスト(提案)が出てきました。

このあたりのボリューム、特に個人的な1番の狙いは「100~1000」のライン。このラインがリスクとリターンのバランスが1番良いと感じてます。

次に「10~100」のライン。

このラインだとボリュームが物足りなさがあります。

しかし意図しないキーワードで検索されることもあるので、挑戦するに値するボリューム数かなと思います。

と言う事で当初ただ単純に思いついた「映画ブログ」というキーワードに対して、ボリュームのバランスを加味したうえ、「稼ぐ」「書き方」というキーワードを付けて、そのタイトルに沿うような内容にする。

こんな感じでボクはブログのタイトルは決めています!

 競合をチェック


もう1つ記事を書く前にチェックしたいのが、競合となる他の記事。

前述した流れでキーワードが見えてきたら、そのキーワードをグーグル検索します。

ここで何をチェックするかと言うと

1ページ目にどんなサイトの記事が上がっているか?

個人サイトの記事が多く上がっているキーワードは勝機アリです。書き出しましょう!

逆に企業サイトや有名サイトが多く上がってくるキーワードはちょっと注意が必要だと思います。基本的に企業サイト/有名サイトはドメインパワーが強いので、自分がどれだけいい記事を書いても企業サイトのちょっとした記事に勝てない印象を覚えます。

もしかしたら勝つ方法があるのかもしれませんが、今のボクの口からはオススメするようなことは言えません。

ただ基本的に「○○(作品名or商品名)」と言った1単語直球のキーワードでない限り、そこまで意識はしなくも良いかなと思います。

ボクも分が悪いかな…?と思った記事でも内容を良くした結果、そのキーワードで検索1位になっている記事がいくつかあります!


\最新モデル「4K MAX」登場!/

ブログを書く時に意識している事

 見出しから決める


ここからは実際の書く時に気を付けている事を紹介します

まずボクは「見出しから決める」事を常にやっています。

自分が書きたい事を最初に大方決めておくほうが圧倒的に書きやすいです。やっぱりある程度記事の全貌が見えている方がやる気も出てきます。

逆に上から順番通りに書いていくやり方は、終わりが見えない中作業を続けていく作業に感じます。

ボクはその書き方だと記事書けません(笑)

これは好みだと思うので自分が好きなやり方で書いてもらえればと思いますが、SNS等でもこのやり方をされてる方をちらほらと見かけるので、試したことがない方は1度試してみる価値はあるのかなと…!

実際にこの記事も

見出しから埋める


こんな形で見出しから埋めて書き出しています。

書き出して足りない部分は埋めればいいと思いますし、余計だと感じ始めたら削ればいいだけです。

検索上位に上げる為に意識している事


ここからは検索上位を取るために意識している事を紹介します!

本当にこのおかげなのかは知りません(笑)

 文字数で勝負!滞在時間を増やせ!


王道です!

文字数は正義です!

検索上位に表示させる裏技などがはびこっていますが、ボクはやっぱり「文字数の多さ」が重要なんじゃないかと思っています。

もちろん有益な情報を付け加えていく事が大前提。

ボクは1記事あたり10,000字が目標。

そういった記事は検索上位が取れています。少なくとも5,000字は欲しい所。

この文字数が増える事で相対的に増えるのがブログへの“滞在時間”

そしてこの滞在時間がブログのSEO的にかなり重要な要素。

この点については月間170万PVの化け物ブログを運営する「マナブ(@manabubannai)」さんも以下のようなツイートをしています。


具体的な滞在時間の指標については同じくマナブさんが下のようなツイートをしています。


初心者で2分オーバーなら凄いレベルだそう。

かく言うボクのブログの記事の滞在時間はどんなものかと言いますと…

直近1カ月のデータ


直近1カ月だと平均4分9程度。長い時だと4分30秒くらいある期間もあります。ちょっと落ちてきているのでテコ入れが必要だなと感じています。

読まれる文章/構成/タイトルにするという前提ではありますが、

・文字数を増やす
    ↓
・滞在時間が増える
    ↓
・検索上位に上がりやすくなる
    ↓
・アクセス増加
この流れが発生するように記事作成するとPVは増えていくと思います!

 画像を多く入れる


まずは「画像を多めに入れる」こと。

これは単純に文字ばっかの記事だと読んでて苦痛と言う事もあります。

読むことが苦痛な記事はもちろん滞在時間も短くなります。そうするとグーグルからの評価も得られません。

ボクは必ずh2見出しの下はその見出しから連想する画像を入れるようにしていますし、文字だけが続いてると感じた時も関連画像を定期的に入れる事で、見やすく分かりやすくなるよう意識をしています。

それに加えて、画像を挿入しておくと画像検索からも流入が狙えます。

下の画像はある期間のブログの流入ルートになりますが

画像検索からの流入も

ウェブからが10万ほどに対して、画像検索からの流入も1,000件ほど。

少なく思えるかもしれませんが、馬鹿になりません。

またグーグルは「オリジナルの画像を使っている記事を優遇する?」と言った話をあるインフルエンサーの方が言及していたこともあり、自分で実際に行って撮ってきた写真なども多く入れるようにしています!

そうする事で他の記事との差別化も出来ます!

ただ画像を入れる際はページ速度が重くならないようにプラグインを利用するなどの工夫は必要!

 Twitterの口コミを入れる


これも「記事の公平性」を担保する上で有効だというお話をどこかで聞いて実施し続けています。

自分の言葉だけで構成されている記事は1個人だけの意見を表現しているだけですが、Twitter等で他人の意見を取り入れる事で、情報の偏りがなくなり、グーグルから評価されるみたいです。

言ってもツイートの拾ってきかたでイメージ操作は出来てしまうんですけど(笑)

またツイートに関しては「文字数の水増しになっているのでは?」というボクの中だけの仮説もあったりします(笑)

そしてこちらも多すぎると重くなるので、数には注意!

 見出しキーワードを入れる


h2見出しやh3見出しに検索で狙っているキーワードを入れるようにしています!

これはグーグルに対して

「このキーワードに関する記事ですよー」

というアピール。

例えばこの記事の場合だと、当初最初のh2見出しは

「20万PVを稼いだポイント」だったのですが、最終的には

「映画ブログで20万PVを稼いだポイント」

に着地をしています。

このように「映画ブログ」を付け加える事で、読者の方が「映画ブログ」と検索して来てくれた時に、グーグルがこの記事を”映画ブログに関する記事”と認識して表示してくれることを狙っています!

 みんなの意見


\最新モデル「4K MAX」登場!/

映画のブログの稼ぎ方


ここからは実際に映画ブログでお金を稼ぐ方法をざっくり紹介します!

他人に自信をもって紹介できるノウハウとかがあるわけではないので…

 ASP/アフィリエイト


おそらく映画ブログで1番稼げる方法がこれだと思います。

ASPというのは色々なアフィリエイトを紹介しているサイトで、有名どころだと

・もしもアフィリエイト
・afb
・バリューコマース

などがあります。

そこに登録されている何らかのサービスや商品を紹介して、紹介料としていくらかお金を貰うというもの。

・アフィリエイトのサービスを紹介
      ↓
・読者が実際にそのサービスに登録/購入
      ↓
・ASPからお金が支払われる
映画ブログだとU-NEXTPrime Videoなど”動画配信サービス”を紹介して、そのリンクから読者の方が登録された時点でお金が入る形式が主になるかなと思います。


U-NEXTへの登録はコチラから!

みたいなやつです(笑)

案件を扱うには事前審査があるものと事前審査がないものがあり、事前審査があるものはその審査に通らないと案件を扱わせてくれなかったりします。

またある程度サイトのパワーが付いてきて、多くの人の目に触れるようになるとASPの方から声がかかり、特別な案件や特別に紹介料の単価を増やしてもらうといった事もあります。

僕自身も

実際の画像

このように月6ケタ稼げる月もあったりします。

これは1つのASPさんからの報酬なので、複数のASPさんを利用していれば、それぞれから別に報酬を貰うことが可能です!

 アドセンス


ブログで稼ぐ事を目標にしている人のほとんどが最初の目標にする事が多い”Googleアドセンス”

これがどういうものかと言うと、よくブログやサイトを見ていると


スポンサーリンク


上のような広告を目にしませんか?

これがGoogleアドセンスになります。

これは上の広告をクリックしてもらうことでお金が貰える形式。

アフィリエイトとは違い基本的に、商品を購入してもらう必要だったり、サービスに登録してもらう必要がなく、クリックしてもらうだけでいいので稼ぎやすい稼ぎ方だと思います。

ただお金が発生するまでのハードルも低い分、1クリックあたりの金額も少なめ。

1クリックあたりの発生金額はそのブログで扱うジャンルによって差があるようで、ボクの場合は大体10∼20円で結構少なめとなっています。

例外としてクリック後に実際に何らかのサービス登録や商品購入などに繋がった場合はその1クリックの報酬は一気に上がったりします。

またGoogleアドセンスもGoogleの審査に通る必要があり、多くの人が四苦八苦している姿を目にします(笑)

ボクも何度この審査に落ちたことか…(笑)

 物販


続いては映画ブログとは親和性の高い物販。

例えばある記事で「スパイダーマンの映画」について紹介した後に

「スパイダーマン見たい!」

と思った読者の方が、下のようなリンクを貼っておくことで


そのリンクから商品を購入した場合、自分に紹介料がいくらか入るといった形式。

もし良いレビュー記事を書いて、上位に表示されちゃった日には結構なお金が稼げるのではないかなと夢想しています(笑)

ボク自身あまりレビュー記事を書いていない事もあり、この形式でお金を貰う事は少ないですが、オススメ映画記事と言うものは書いており、そこからこの形式で本当に少額ですが、お金を貰うことが出来ています。

 M&A


ある程度運営をして、おそらく何らかの基準を満たすと

「貴メディアを売却しませんか?」

と言った営業が来ることがあります。

 

上の写真の時は、売却をせずに現在も見ての通りボクが運営をしています。

こういった提案は数は多くはないのですが、最近もご提案を頂く事はありました。

VOD市場やエンタメ市場の盛り上がりがあると、「映画ブログを購入したい」という声がかかる事もあり、そこで売却をする事でお金が貰えるかもしれません…!

まだまだ試行錯誤のブログ運営


今回月のPVが20万を越えたという事で、それまで意識していたことを発表させてもらいました。

世の中たくさんの凄い人が発信をしている中20万PVは少ないかもしれませんが、それでも上位の方には入れてると思います。

ここまで我流でやってきたので、まだまだ知らない知識や足りない部分もあります。

なので最近ではコンサルを受けたり、オンラインサロンに入って、新しい知識を取り入れようかなと考えてもいます。

やっぱり既に実績のある人の記事を見たり、意見を貰う事は大事だと思います。

とにもかくにもまだまだ甘ちゃんブロガーなので今後も試行錯誤を繰り返して、アクセス数の増加ともっとお金を稼げるように挑戦していきたいと思います!

\映画料金高いと感じている人へ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココにコード