【熱中症対策】猛暑の野外映画イベントを涼めるオススメグッズ5選!

熱中症対策オススメグッズ5選!

夏の野外映画イベントは暑さとの闘いでもあります。
最近では暑さで熱中症になって
病院に運ばれるニュースも多く聞きますΣ(・□・;)

野外映画の上映は夜になってからですが
日中から開催されるイベントも多く
良い席を確保するためには
早い時間から会場に着くことが必要になってきます。

ボク自身暑がりなので、夏の野外映画の暑さやじめっとした感覚がとてもつらいです。

今回は
そんな長時間の酷暑の野外活動をサポートする
個人的なオススメクーリングアイテムを
5つ紹介したいと思います!

これを揃えれば真夏の野外映画も
快適に活動できること間違いなし!
スポンサーリンク

【Greatever】超冷感タオル

【Greatever】超冷感タオル

キラキラ太陽に、ムシムシ湿気….熱い季節がやってきた。
熱中症対策に!濡らせば何度でも使える極冷ICEタオル登場。
濡らして・絞って・振るだけ。気化熱を利用してひんやり冷たい♪
メッシュ生地だから、肌触りも良く見た目におしゃれなのも特徴です。
紫外線遮断率(UVカット)98%、紫外線保護指数(UPF)50+

Amazon商品紹介ページより引用

まずは超冷感タオル!
最近までは家にある普通のタオルを持ち出していたのですが、瞬冷タオルの存在をしり、購入し使ってみました。
水に濡らして振るだけで冷たくなります!
それだけなのに、ひんやりして凄い涼しくなりますΣ(・□・;)

『水に濡らして振る』作業を繰り返せば
何度でも使えるので、コスパもいいですし
荷物にもなりません!

ボクみたいに普通のタオルを持ち出して
野外映画のイベントに参加されている方は
お手持ちのタオルをこれに変えるだけで快適な映画鑑賞が出来ます^^

【桐灰化学】シャツクール

野外映画オススメグッズ
シャツクール

衣類にシュッとスプレーするだけ、衣類を冷感コートします。
L-メントールが汗をかくたびにひんやりとした冷感を与えます。
家を出る前に使用すると、通勤通学中も涼しく過ごすことができます。
冷感ストロングは爽やかなクールミントの香り、アロマフレグランスは華やかなフローラルアロマの香りです。

Amazon商品紹介ページより引用

こちらは衣類にスプレーするだけの商品です!
野外映画時だけではなく、普段の通勤・通学にも利用できるのがいいです♪
夏の電車移動など行動が制限される環境下ではオススメです。

『凄く冷える』という感覚ではなく
『ヒンヤリ』という感覚が近いと思います。
持続時間も30分程度ですので
『これ1つで熱中症対策になるか?』
言われるとそうは言い切れませんが
なにせ衣服に吹きかけておくだけなので
他の製品との併用が可能なのが便利です^^

匂いもそんなにしないので、オススメです!

【Easyacc】携帯扇風機

野外映画オススメグッズ 携帯扇風機
携帯扇風機

1番涼しくなるのはやはり『風に当たる』ことだと思います。
ボクは会場等でもらえるうちわを使っていたのですが、携帯扇風機を買って世界が変わりました(笑)

こちらの商品は充電しておけば
日中の熱い時間帯は十分に使える持続力と3段階の風量調整がグッドです!
Amazonでもランキングも1位になってますので、オススメですよ!

大きさもコンパクトなので、かさばりません。

【GATSBY】クレイジークール ボディウォーター

ほてった体を瞬間冷却。超気持ちいい驚きのクール感が長続き。汗をかくたびクール感よみがえる。

Amazon商品紹介ページより引用

今回紹介する商品で
1番冷却効果を感じることができる商品です!

噴射したあとどんどん冷えてきます。
風が当たるとスース―して凄い冷たいです。なので、上で紹介した携帯扇風機と併用すれば猛暑でも涼しさを感じることができます。

パワーが凄いので、服の上から使用するのもいいそうです!

匂いの面は個人的にそこまで気にしないのですが、確かに湿布の匂いはします。
なので、気になる方は無香料が良いと思います。
無香料でも匂いはしますが(;^ω^)

とりあえず涼しくなりたい人にはオススメです!

【 扶桑化学 】叩けば冷える!瞬間冷却材

瞬間冷却材

こちらの商品も『とにかく涼しくなりたい!』という人向けの商品です!
ホッカイロの夏バージョンって感じです。

野外映画でもこれを使っている人を見かけますし、女性の方が使っていたりします。

とりあえず冷えます!(笑)
しかし持続時間が30分程度で、その後はごみになってしまうので処理する場所が会場にないと荷物になってしまうのが難点ですかね(;^ω^)

短時間ながら圧倒的な冷却効果があるので
脇の下等に当てると気持ちがいいですよ^^

快適な野外映画体験を!

いかかでしたか?
野外映画のイベントは夏に開催されることが多いです。
避暑地での開催もありますが、やはり街の中や街に近い場所での開催が多いです。

首都圏だと湿気も多く、ジメジメしてしまいます。
暑さを軽減することが
夏の野外映画を楽しむための
大きな要素だと思っています!

今回の紹介した商品で暑い中の映画鑑賞ですが、少しでも快適に映画鑑賞をしてもらえればうれしいです^^

品川オープンシアターさむね

品川オープンシアター【2019年6月】感想と混雑状況について!

2019年6月3日
ねぶくろシネマ サムネイル

ねぶくろシネマ in 六本木アートナイト2019 混雑状況など!

2019年5月29日

おわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です