【シネオケ感想】ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 2019 当日の様子・混雑状況など

ナイトメアービフォアクリスマス サムネイル

2019年5月26日自身2度目となる
シネオケに参加してきました。
上映作品は初めての鑑賞となる
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』
会場は
東京国際フォーラム ホールA

前回と同様
混雑状況当日の様子写真と一緒
記事にしていきます!

シネオケ バックトゥザフューチャー

【シネオケとは】BACK TO THE FUTURE 2019感想・混雑状況など!

2019年5月14日

前回参加の記事です。
こちらも併せてお願いいたします^^

東京国際フォーラムでのオススメの座席や
初見で臨んだシネオケの感想なども書いていきます!

長くなりますが
よろしくお願いいたします!

この記事でわかること
・当日の会場の様子・混雑状況
・東京国際フォーラム・ホールAでのオススメの位置
・上映作品を初見で臨んだ末路
シネオケをより楽しむためには

補足
目次を用意しているので、関心のある項目に

飛ぶこともできます^^ご利用ください。

スポンサーリンク

【上映作品】ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

あらすじ
ハロウィン・タウン。
それは年に一度のハロウィンのお祭りを
人間界へ送り出す不思議な町。
しかし
この町の人気者”カボチャ王”ことジャックは、
毎年同じように繰り返される
ハロウィンの準備にうんざりしていた。
ある日ジャックは森の中で奇妙な扉を見つける。
その一つを開いてみると、
そこはハロウィン・タウンとはまったく別の
陽気で明るいクリスマス・タウンだった。
一面の銀世界にピカピカ光るライト
心はずむケーキやツリー、そして優しい人たち。
たちまち
その初めての世界に魅せられたジャックは
彼に想いを寄せるつぎはぎ
人形サリーの心配をよそに
自分流のクリスマスを計画する。
ジャックが夢見たハロウィン風クリスマスとは・・・?

ちょっとだけ感想

歌は聴く機会がありましたが、作品を見るのは
今回が初めてでした。

おたき
ハロウィンの歌なのに、なんでクリスマス映画としてオススメによく出るんだ?

なんてことをずっと思ってましたが
解決しました(笑)

『ティム・バートン』作品に対して
『すごい面白い!!』と思ったことは
ありませんm(__)m
でも独特なファンタジーな世界観は
好きです^^

今作もティム・バートンの世界感を
感じられる作品で普通に面白かったです^^

CGが物凄いレベルに達している今日に
ストップモーションで描かれる作品は
逆に新鮮に感じられました。

今のCG盛り盛りの映画を観てきている
若い子たちに一度は体感してもらって
どのように感じるのか気になりますね♪

スポンサーリンク

当日の様子と混雑状況

開場前の様子

会場に着くとポスターと
『久石譲』さんからのお花が飾られていましたΣ(・□・;)
前回に引き続き当日券売り場がありました。
B席は売られてなかったです(@_@)

前回が開場時間ちょうどに着いたので
今回は早めに開場時間の20分前
開場に到着しました。
しかし、既にたくさんの人。。。
前回の経験からおそらく皆さん
グッズ販売の為に並んでいると思われます。

グッズ販売

開場の時間になると皆さん続々と階段を
登っていきます。

皆さんやはりグッズ販売のコーナーに直行。
開場5分後に撮った写真ですが
既にこの行列Σ(・□・;)
見切れていますが、この写真よりもさらに
行列が続いていました。。

記念グッズも開始直後にTシャツのXLサイズが
売り切れになっていました。
もし絶対なにかほしいものがある人は
開場時刻1時間前くらいに並べば
良さそうです(推測)
開場20分前に並んだボクでこの状況でしたので。

上の写真は上映休憩時のグッズ売り切れ状況です。
やはり休憩時にはほとんど売り切れ
なってしまっています( ゚Д゚)

買えなくても大丈夫!グッズ受注販売

前回の『バックトゥザフューチャー』の回では
ありませんでしたが、今回はグッズの
受注販売の受付がされていました!
全種類を注文できるわけではありません
ありがたいですよね^^

ちなみに受注販売の注文をするのにも
行列ができていました(笑)
赤い線沿いの列が注文のために並んでいる
行列です。
配送は1ヶ月後だそうです。

受注販売がバックトゥザフューチャーの回にはなくて
今回あった理由は作品によるものなのか
わかりませんが、こういったこともあると
知っていると良さそうですね。

ディズニー作品の時は用意されるのかな…?

オリジナルグッズプレゼント

また前回になかったものとして
オリジナルグッズのプレゼントが
実施されていました。
Disney Concerts会員であることが条件でした。

その場で登録すればもらえたので
皆さん携帯携帯をいじって登録してました^^
ボクも登録してピンバッジをもらいました。 
登録方法がわからない時
スタッフの方が教えてくれたので助かりました。

また上映後でも実施していましたので
こちらはなくなる心配はしなくて
良さそうです!(^^)!

今後のライオンキングやスターウォーズも
ディズニー作品になるので
もしかしたらまた実施されるかもですね!

フードコーナー

フードコーナーは2か所あり
階違いで用意されていました。
帝国ホテルさんのご用意でソフトドリンクや
コーヒー、サンドイッチなど
軽食が準備されていました。

チケット販売

今後開催予定のイベントのチケット販売も
今回も行われていました^^

また前回あったフォトスポットは
今回ありませんでしたΣ(・□・;)
楽しみにしていたので残念でした。
てっきり毎回あるものかと。。。

スポンサーリンク

座席表・オススメ in 東京国際フォーラム

ココがオススメ!

今回も会場内は撮影禁止でしたので
東京国際フォーラム公式HPの座席表の
画像で代用させていただきます。

補足
各位置からの見え方が載っていますので
とても便利です!
東京国際フォーラム ホールA 座席表


まず最初にオススメの座席を言っておきます!
東京国際フォーラム・ホールAのオススメの座席位置

・1階前方ド真ん中

だと思います!


NHKホールよりステージとの高さの差がなく
NHKホール1階での懸念事項であった
『見上げる』感覚がありませんでした。

とても見やすく、オーケストラの方たちとの距離が
より近くに感じ臨場感がありました。

会場によって同じ位置でも見え方が全然違います。

前回のバックトゥザフューチャーでの記事で
『2階真ん中前方がオススメ!』
とさせてもらい、今回まさにその位置に
座ることが出来ました^^
しかし!
東京国際フォーラムのこの位置ですと
距離が遠くてイマイチでした。

前回のNHKホールの座席数が3,601席
東京国際フォーラムの座席数が5,012席

東京国際フォーラムのほうが大きい会場
なっており
同じ位置でも見え方が全然違います。

個人的な印象では今回の位置はNHKホールでの
3階からの見え方に近かったと思います。

NHKホールの2階はスクリーンと同じくらいの
目線の高さだったのに対し
東京国際フォーラムでは
スクリーンより上の高さから見下ろす感覚でした。

今回の公演ではオーケストラ演奏の他にも
ダニー・エルフマン他声優の方たちの
生歌やパフォーマンスがあったのですが
キャストの方たちの表情が2階の位置からでは
ほとんど見えませんでした。

遠くの方にステージ上のパフォーマンスが
見られるようにキャストの方たちを映す
別のスクリーンが2つ、用意されてましたが
せっかくその場にいるなら
直接見たいですよね。

オーケストラの演奏だけなら
良かったかもしれませんが
生歌やパフォーマンスがあった今回なら
表情まで見たかったです( ;∀;)

東京国際フォーラムでは前方がマスト!

2階の一番前方に座ったボクでさえ遠く感じたので
さらに後ろの方は本当に遠く感じたと思います。

せっかくライブを見に来ているのに
スクリーン越しでの鑑賞になってしまっては
元も子もないと思うので
お財布が許すのであれば前方の良い席を
取ったほうがいいと思います。

出来れば上で言及した位置ですね!

全体の感想・初見で臨んではダメ!

オーケストラの演奏の迫力や
寸分の狂いもない、映像と演奏の融合は
相変わらず感嘆と感動でした!

また今回はキャストの方たちの生歌もあり
【映画】×【オーケストラ】×【歌】
という1度で3度おいしい上演と
なっておりました♪

しかしナイトメアービフォアクリスマスを
シネオケで初めて鑑賞する今回
様々な弊害が生じましたΣ(・□・;)

演奏も映像もパフォーマンスも見きれない。

まずストーリーを
理解するためにスクリーンを見なくてはいけない。
けど、オーケストラの演奏も見たい。
オーケストラの演奏を見ていると
スクリーンの字幕を見逃してしまう。

そんな慌ただしい中でさらに
ダニーエルフマンさんたちの生歌
パフォーマンスも加わる。

こんな滅多にない状況で
ストーリーを理解するために
スクリーンだけを凝視する。
なんてできないです(@_@)

もし事前にストーリーや映像を理解しておいて
臨めばオーケストラやダニーエルフさんたちの
パフォーマンスに
意識を割けたと思います( ;∀;)

サプライズに驚けない

上演途中で指揮者のジョン・マウチェリ氏が

スペシャルゲストとして”ウギー・プギー”のオリジナルキャスト、「ケン・ペイジ」に来てもらいました!

と発表があった瞬間、会場は
『おおーーー!』
とざわめいたのですが、ボクは
『ウギ―・プギー』がなんなのかもわからず
完全に乗り遅れてました(@_@)

このシーンだけに限らずきっと映画を何回も
みている方達なら
シネオケならではのアレンジや演出
興奮する場面が多々あったと思いますが
ぼくにはその感覚がありませんでしたm(__)m

スポンサーリンク

よりシネオケを楽しむために

前回のバックトゥザフューチャーの時から
思っていましたが、シネオケは
『1回作品を見てから体験すべきコンテンツ』
です。
初見で臨むとシネオケが提供してくれるたくさんの
コンテンツを処理することが難しいと思います。

またシネオケならではのオリジナル演出に
興奮することもできないです。

なのでシネオケに参加する際は
上映される作品を少なくとも1回は見てから
参加することが『絶対条件』
言っていいと思います!

今年ボクは
『実写版ライオンキング』
『スターウォーズ・最後のジェダイ』
をシネオケで鑑賞します。
ライオンキングは今年公開の作品なので
シネオケを楽しむために
忙しいですが、事前に見てから
臨みたいと思っています!



おわり^^

管理人おすすめ動画配信サービス

ボクがよくお世話になっている
動画配信サービス【Amazon プライム】です!

プライム会員になると
月額500円(年会費4,900円)
映画・アニメ・ドラマ見放題などの
映像サービスはもちろん
その他、音楽・本など計17個もの特典があり
圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります!

気になった方はまず30日間の無料体験
登録してみてください^^
バナーリンク

Amzonプライム登録・解約の方法について
記事にしてます!
わからない方・興味のある方はどうぞ^^


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です